改正風俗営業法,バンダイ,ラウンドワン
(写真=Thinkstock/Getty Images)

改正風俗営業法が23日に施行され、ゲームセンターの夜間の入店規制や、クラブの営業時間に対する規制が緩和された。ゲームセンターではこれまで午後6時以降は禁止されていた16歳未満の入店が、保護者同伴であれば最長午後10時まで可能になる。

ゲームセンターなどを展開するバンダイナムコホールディングス <7832> は、PRキャンペーンでクーポン配布を実施し、さっそく顧客の獲得に乗り出している。カプコン <9697> やセガサミーホールディングス <6460> のほか、ボウリングやゲームセンターなどの複合施設を展開するラウンドワン <4680> などにも追い風となりそうだ。

改正風営法では、クラブでは原則午前零時以降は営業が禁止されていたものの、店内の明るさや営業する地域など一定の条件付きで24時間の営業が認められる。

このほか、遊戯施設ではイオンファンタジー <4343> 、アドアーズ <4712> などに注目。ゲームセンターの施設向けではハピネット <7552> やエスケイジャパン <7608> 。クラブ関連では音響のヒビノ <2469> 、イベント企画や映像機材レンタルのレイ <4317> などが挙げられる。(6月24日株式新聞掲載記事)

>>話題のテーマや注目株を一足早くお届け「株式新聞WEB」限定プレミアム銘柄も

【株式関連ニュース】
編集部まとめ!IT農業関連銘柄に注目度高まる!
SBI証券銘柄レポート?栄研化
<話題>AI関連銘柄に注目、新市場創出に期待
日経平均1286円安と大幅反落、4カ月半ぶり年初来安値更新、英EU離脱で売り一色
月末特集??「あなたに代わって取材します!」=夢真HD