株主優待,10銘柄
(写真=Thinkstock/Getty Images)

企業は応援してくれる株主に対して株主優待制度を実施している。食事券、割引券、金券、施設利用券など多種多様な優待が存在するが、株式の保有期間によって優待の内容がグレードアップされるものも多い。

最近では、短期保有で優待のみを獲得しようとする投資家への牽制としても長期保有優待制度への変更が増えており、今後は優待の「長期保有」という視点がますます広まっていくことが予想される。

もちろん、優待の長期保有制度は企業側にのみ利益があるわけでなく、株価の安定度が増すという意味合いにおいては投資家側にとっても利益となる。

ここでは長期(1年以上)で保有すると優待内容がグレードアップされるものを15種類ほどご紹介していく。

※必要投資金額計算にあたっての株価は2017年10月23日終値を基準とし、最低投資売買単位のみの記載とする。優待は、長期保有に関わる優待内容のみを記載。

長期保有でお得になる株主優待銘柄15選

1.バリューHR <6078>

【優待内容】12月末 カフェテリアポイント(1ポイント1円)を保有株数・保有年数に応じて付与 100株以上 1年未満5000ポイント、1年以上7000ポイント、3年以上10000ポイント 500株以上 1年未満15000ポイント、1年以上17000ポイント、3年以上20000ポイント 1000株以上 1年未満30000ポイント、1年以上3万2000ポイント、3年以上3万5000ポイント

【必要投資金額】 100株保有で44万3500円

2.まんだらけ <2652>

【優待内容】9月末 保有株式数・年数によって店舗にて使用可能な優待券 100株以上 1年未満2000円分、1年以上5000円分 500株以上 1年未満4000円分、1年以上10000円分 1000株以上 1年未満7000円分、1年以上20000円分 5000株以上 1年未満10000円分、1年以上50000円分

【必要投資金額】 100株保有で6万4100円

3.オリックス <8591>

【優待内容】3月末 全国各地域の取引先企業が製造・販売する食品・飲料など合計10品の中から1品選択可能3年未満5000円程度、3年以上1万円程度

【必要投資金額】 100株保有で19万2850円

4.オープンハウス <3288>

【優待内容】9月末 100株以上保有で下記2種類の優待が保有年数に応じて付与される ① 住宅購入時のキャッシュバック(※条件等あり要確認) ② クオカード 3年未満 ①10万円②3000円相当 3年以上 ①30万円②5000円相当

【必要投資金額】 100株保有で40万5500円

5.極楽湯 <2340>

【優待内容】9月末

極楽湯など無料入浴券 100株以上 連続2回:4枚 連続3回以上:5枚 300株以上 連続2回:6枚 連続3回以上:7枚 500株以上 連続2回:10枚 連続3回以上:11枚 5000株以上 連続2回:20枚 連続3回以上:21枚 ※回数は株主名簿への記録(毎年3月末及び9月末の株主名簿に、同一株主番号で記録された株主) 【必要投資金額】 100株保有で7万6800円

6.ビックカメラ <3048>

【優待内容】2月末・8月末 年2回 優待割引券

<2月末> 100株以上2000円、500株以上3000円、1000株以上5000円、10000株以上2万5000円

<8月末> 100株以上1000円、500株以上2000円、1000株以上5000円、10000株以上2万5000円

<8月末のみ> 1年以上2年未満継続保有※1(100株以上)1000円追加 2年以上継続保有※2(100株以上)2000円追加

【必要投資金額】 100株保有で14万2700円

7.明光ネットワーク <4668>

【優待内容】8月末 保有株式数・年数に応じてクオカードを進呈 100株以上 3年未満1000円相当 3年以上3000円相当 500株以上 3年未満2000円相当 3年以上4000円相当 1000株以上 3年未満3000円相当 3年以上5000円相当

【必要投資金額】 100株以上13万5400円

8.タカラトミー <7867>

【優待内容】 3月末・9月末(年2回)

100株保有で通販サイト「タカラトミーモール」にて、保有期間に応じて自社商品等を割引 1年未満 10%割引 1年以上 30%割引 3年以上 40%割引

【必要投資金額】 100株保有で17万6600円

9.日本取引所グループ <8697>

【優待内容】3月末

100株保有でクオカード1000円相当 1年以上継続保有で2000円へ 2年以上継続保有で3000円へ 3年以上継続保有で4000円へ

【必要投資金額】 100株で21万1100円

10.リンガーハット <8200>

【優待内容】2月末・8月末

食事優待券 100株以上 1080円相当 300株以上 3780円相当 500株以上 6480円相当 1000株以上 13500円相当 2000株以上 27000円相当

3年以上継続保有で2月末のみ下記追加 100株以上1080円相当追加 1000株以上で2160円相当追加

【必要投資金額】 100株で24万3600円

11.WOWOW <4839>

【優待内容】9月末

100株保有で以下から選択 クオカード2000円分もしくはWOWOW3ヶ月視聴無料

2年以上継続保有で4ヶ月視聴無料へ

【必要投資金額】 100株保有で36万7500円

12.オートバックスセブン <9832>

【優待内容】3月末・9月末

オートバックスギフトカード

100株保有で1000円分 300株保有で5000円分(8000円分) 1000株保有で10000円分(13000円分)

1年以上保有で進呈(カッコ内3年以上保有で進呈)

【必要投資金額】 100株で19万5800円

13.全国保証 <7164>

【優待内容】3月末

100株保有で3000円相当のクオカード 1年以上の継続保有で5000円相当のクオカードか5000円相当の特産品

【必要投資金額】 100株で45万6500円

14.総合メディカル <4775>

【優待内容】3月末

100株で6000円相当のプライベートブランド商品 1年以上継続保有で上記に加え5000円相当の健康機器などを追加 (3年以上保有で10000円相当へ)

【必要投資金額】 100株で50万3000円

15.ゲームカード・ジョイコHD <6249>

【優待内容】3月末

100株以上でオリジナルカタログギフト

100株で2000円相当 1年以上継続保有で2500円相当、3年以上継続保有で3000円相当へ 500株で3000円相当 1年以上継続保有で4000円相当、3年以上継続保有で5000円相当へ

【必要投資金額】 100株で13万7800円

長期で株を持つのが本来の株式投資の姿

株主優待は決められた日だけ保有すればもらうことができるため、低リスクかつ短期間で優待取得をする「クロス取引」を使う投資家が増えているようだ。

しかしクロス取引で優待のみをもらう行為は企業収益を圧迫することとなり、企業側にとっても投資家にとっても都合の悪いことである。今後はますます優待の長期保有優遇制度への移行が増えていくことだろう。

本来であれば長期的に企業を応援することが株式投資の姿。ほかにも自分が長期で応援したい企業を見つけて優待投資ライフを楽しむのもまた一興だろう。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学を卒業後、証券会社において証券ディーリング業務を経験。2級ファイナンシャルプランナー。ヤフーファイナンスの「投資の達人」においてコラムニストとしても活動。2015年には年間で「ベストパフォーマー賞」「勝率賞」において同時受賞。ネットマネーや日経マネーと言った経済雑誌での執筆活動も行う。個人ブログ「 インカムライフ.com 」を運営。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)