特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
日本
Written by ZUU online編集部 6,799記事

本社は埼玉県

ホムセンブーム?カインズホームが人気を集める理由

カインズホーム
(画像=Webサイトより)

ガーデニングやアウトドア用品が充実しているだけでなく、ペットショップやカフェ、飲食店までそろっていることから、お出かけ先としても人気のホームセンター。中でも使い勝手の良いプライベートブランド(PB)商品を数多く取り揃え、かゆいところに手が届くサービスが自慢の「カインズホーム」(本社・埼玉県本庄市)が人気だ。

まるでテーマパーク?

ホームセンターの魅力は何と言っても、「誰にとってもほしいものがすべて手に入る」という安心感だろう。たとえば家族で出かけても、パパと息子は日曜大工のための工具や材料、キャンプ用品などを、ママと娘はガーデニング関連や調理器具、生活用品などをじっくり選ぶことができる。お昼どきには集まって併設された飲食店やフードコートで食事をし、午後には一緒にペットショップへ。家族で丸一日ゆったりと買い物したり、普段はなかなか見られない大型家具や農業器具などを眺めたりして楽しめるのは、まるでテーマパークのようだ。

一般社団法人「日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会」によると、ホームセンターが日本で初めてオープンしたのは1972年。その後、年間100~200店のペースで増え続け、2015年には4650軒になり、4兆円マーケットに成長した。

最近はどの運営会社も競うように店舗を大型化する傾向にある。みずほ銀行の調査「ホームセンター業界の競争環境変化と中期展望(2016年3月28日)」では、「ホームセンター商材は食品などと比べ、商材での差別化が困難。品揃えが多いほど集客力を生むという特徴がある」と理由を分析している。

そんな大型店舗を中心に、関東を地盤に全国で200店舗を展開している「カインズホーム」は、2016年2月期の売上高は3937億円。規模は4377億円のDCMホールディングスの後塵を拝するが、DCMはホーマック、カーマ、ダイキが統合したもので屋号は別々なので、実質的に業界ナンバーワンといえる。

カインズが注目されたのは2014年10月。外壁からインテリアまで植物を前面に出し、多肉植物の寄せ植えやガーデニング用品、初心者向けDIYグッズ、リビング商品などを展示する期間限定ショップ「CAINZ LiveGreen STORE」を東京・表参道に出店した。情報発信地でこうした提案することで、ホームセンターの新たな楽しみ方を提示するとともに、カインズの認知度を上げた。その後も、10万種以上の品数を誇り、「カインズに行けばなんでもそろう」などとメディアで伝えられ、DIY用具を買うだけでなく家族で一日過ごせるお出かけ先としても人気を博してきた。

価格の安さとかゆいところに手が届く便利グッズ、サービスの山

カインズの商品の中でも特に人気なのがPB商品だ。生活雑貨から家具、米や加工食品、薬品まで1万3000種類以上、商品比率は約4割にも及ぶ。転倒を防ぐフレームを備えた「倒れにくい座椅子」、出し入れがしやすいプラスチックの収納ケース「キャリコ」、台所で自立する「立つシリコンおたま」、累計販売本数1億本超えの第3のビール「黄金」……。これらのヒット商品の共通点は「かゆいところに手が届く」こと。このほかにもパーカーなどフード付きの洋服を乾かすのに適したハンガーや、具材とカレールー、水を入れて電子レンジで5分チンすればカレーが完成する「魔法のカリーポット」など、個性ある商品が誕生。安いだけではなくセンスのいいものが多く、2015年にはグッドデザイン賞獲得数が小売業1位に輝いた。

なぜこうした商品が生み出せるのか。同社は「徹底的に使う人の立場に立って考え、本当に必要とされる機能やデザインを精査し、オリジナル商品に反映しています」と説明。また、開発には幹部クラスからパートやアルバイトを含め客に近いポジションまで約1万人の全メンバーが意見を出せる仕組みを整えているためという。

かゆいところに手が届いているのはサービスも同様だ。カインズは2016年から自社サイトでのこぎりで天板を切りそろえたり、やすりをかけて表面を整えたり、スプレーで塗装する様子を紹介する動画を公開し、DIY初心者にアピールしている。一部の店舗では動画を店内の陳列棚に設置したタブレット端末でも流している。また、3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタル加工機を導入している工作体験スペース「CAINZ工房」では無線LANを整備しているため、自分のスマートフォンでデータ量を気にせずこうした動画を見みられるのもうれしい。

過ごす時間の楽しさ、居心地の良さを追求

カインズはホームセンターのあり方を「商品を買う場所」から「楽しい時間を過ごし、暮らしをさらに豊かにする場所」に変える試みも続けている。2015年4月、埼玉県鶴ヶ島市の店舗を「次世代型」としてリニューアルオープン。300席以上のフードコートを備え、ペット同伴もOKだが、目玉は店内に広さ1800平方メートル、天井高6メートルと開放感ある全天候型ガーデンセンターだ。同社は「グリーンとともに暮らす豊かな生活を体感しながら、ゆったりと本格的コーヒーを楽しめます」と紹介、「単に商品を購入するだけの場所ではなく、有意義な時間と空間を存分に楽しめ感じていただける先進思想のホームセンターといえます」としている。

このほか同店舗には約330席のフードコートを新設。売り場面積1万7000平方メートルとでの取扱点数は約10万品目と、まさに「ないものはない」という態勢で客のニーズを満たしている。

みずほ銀行の同調査は「ホームセンター各社にはこれまでのビジネスモデルから脱却し、どのような戦略を描くのか、中長期目線の決断が求められよう」と指摘している。カインズの人気の秘密は、すでにそれをクリアしているためではないだろうか。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
「個人の財務諸表」の考え方!プロから学ぶ改善術とは?(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
スキンケアが武器に!?ビジネスにおいての5つのメリット(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

ホムセンブーム?カインズホームが人気を集める理由
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 量子コンピュータに匹敵!? 日立のCMOSアニーリングチップとは
NEXT 見本市と模造品 ? もしも自社製品の模造品を見つけたら…