私がZOZOTOWNの「ツケ払い」を知ったのは、2017年2月。大学受験を終えた娘が利用し、「支払いは4月だから」という。「(4月の支払い分は)3月にバイトすれば払える」という公算らしい。そのときは、「若者相手にずいぶん危ないシステムを作っているんだな」と思った。

3月になって、ZOZOTOWNの「ツケ払い」のテレビCMが流れ始めた。若者に人気の女優、吉岡里帆さんが「好き! 好きなんだもん! 2カ月待つなんてできないよ!」と、雨に濡れながらいうというヤツである。「これ、こんな感じで広めたらいかんでしょ」というのが、私の感想。CMを見たら、すごく「便利な」システムに見える。確かに便利なのだが、そこがコワいところだ。

ゾゾの「ツケ払い」 今お金がない人は2カ月後も払えない

ツケ払い,リボ払い
(写真=PIXTA)

ZOZOTOWNは、公式取り扱いブランド5814、最新ファッションアイテムが常時40万点以上そろっている日本最大級のファッション通販サイト(2017年5月5日現在、ZOZOTOWNのホームページの表現より抜粋)。他のファッションサイトと比べて、品ぞろえの豊富さが魅力だという。

代金の支払い方法は、代金引換(商品配達時に払う)、コンビニ決済(コンビニで支払った後に商品配送)、クレジットカード払い、クロネコ代金後払い(予約商品に限る)、LINE Pay、ZOZOTOWNギフトカード、Amazon Payでの支払いに加え、2016年11月から「ツケ払い」が始まった。「ツケ払い」自体が悪いわけではないが、「仕組みを充分に理解せずに利用する人がほとんどだろう」と思われる点で要注意なのである。

「ツケ払い」は、商品の到着後に支払えるサービスで、注文日から2カ月以内にコンビニか銀行で払えばよい。ただし、これを利用するには手数料が324円かかる。クレジットカードを持たない未成年者でも5万4000円までは使うことができ、支払いを2カ月先まで伸ばせる。一応、ホームページには「未成年の方は保護者の同意を得たうえでご利用ください」と書いてあるが、同意を得なくても買えるはずである(娘が利用していることを私が知ったのは、ハガキの請求書が届いてから)。

これのコワいところは、「今手元にお金がなくても買ってしまえる」ということである。だいたい、今手元にお金がない人は、2カ月後にもお金がない。しかし、2カ月も先なら、お金があるはずだと脳が自分に言い訳をして、ポチッと買い物してしまう。

やはり、「品物を手に入れたい」という物欲があるときに支払いをしないといけないのではないか。品物を手にして物欲を満たしたあとで、経済的な痛みを伴う支払いを積極的にするとは思えない。

支払い後に選択できる「あとからリボ」。ここでも支払いの先送りの甘い罠が!

支払いを先送りするうえに、仕組みが理解されづらいシステムとしては、クレジットカードの「リボ払い(リボルビング払い)」もある。「リボ払い」は、クレジットカードの利用代金を毎月一定額で返済していく払い方。たとえば、今月20万円の買い物をしても、1万円ずつのリボ払いにすれば、月々の支払いは1万円ずつでいいので、家計への負担が平均化される。しかし、リボ払いの実質年利は15%程度。かなり高い金利手数料がとられていることはなかなか認識されていない。ちなみに20万円の買い物をして、毎月1万円ずつのリボ払いにした場合、支払い回数24回、支払総額23万358円、手数料合計3万358円となる(実質年率14.52%のセゾンカードのサイトで試算)。

最近、私が要注意だと思っているのは、使ったあとにリボ払いに変更できる「あとからリボ」という仕組みだ。たとえば、今月5万円のカバンと1万円の靴をクレジットカードで購入した場合。翌月の支払いは6万円になるが、いろいろ物入りで6万円も払えそうにない! こういうときに、カバンの5万円分だけ「あとからリボ」に変更できる。そうすると、翌月の支払いは、靴の1万円とあとからリボの5000円(いくらのリボにするかは選べる)で、1万5000円ですむ計算になる。

当面の支払いはしのげるが、カバン代金の残り4万5000円は先送りにしただけで、この場合も高い金利手数料がかかってくる。これだけを払い終えるのならいいが、6万円払えないのに6万円分の買い物をしてしまう人は、さらにカードを使ってしまいがち。カバン代金を払い終える前にまた5万円、10万円と買い物をしてしまっても、「いざというときにはあとからリボで先送りすれば大丈夫」という気持ちになり、いつまでたってもリボ払いが終わらない。また、その間、どのくらいの金利手数料を払うことになるかわからない。

支払いの先送りはNG。「ある範囲でお金を使う」が家計の基本

どちらにも共通しているのが、支払いを先送りして、お金を使い続ける可能性があるという点。どの世代にも共通していえることだが、若くてお金がない人や、子育てなどで家計が苦しいという世代には特に心がけてほしいのが、「ある範囲でお金を使う」ということ。あたりまえのようだが、「ツケ払い」や「あとからリボ」などの便利なサービスを利用すると、見失ってしまいがちになる家計の基本だ。

将来入るお金をあてにして買い物をする癖をつけてしまうと、やがて支払い能力以上に使ってしまう事態を招く。常に支払いに追われる借金体質から、自己破産しないといけない状態になるまでにはたいして時間がかからないかもしれない。

さて、「ツケ払い」にした分を支払期限の日の夜ギリギリに払った娘。「もうツケ払いはやめる」といっていたのに、最近またゾゾさまの箱が届いた。このように、支払いの先送りは中毒性が高いのだ。中毒になる前に、早めに「断・支払いの先送り」をしよう。

フリーライター 生島典子(いくしま・のりこ)
投資信託の運用会社、出版社勤務を経て独立し、2004年よりライター・編集者として活動。主な執筆テーマは、マネー、子育て、住まい、働き方など。好きなことは、出産と住宅ローン。3人の子どもを助産院で出産した経験あり。子どもを持つ保護者として、学童クラブの父母会活動、PTA活動に参加。「居場所づくり」がこれからのテーマ。

【編集部のオススメ記事】
こんな新婚夫婦は「老後貧乏」まっしぐら? 結婚時にやってはいけないコト
30代、年収700万円の会社員 いくらのマイホームなら買っていい?
デキるビジネスパーソンは脂を身体に乗せず、仕事に乗せる。(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)