京都市の歴史的な街並みを象徴する京町家の解体が相次いでいる。市が市内を調査したところ、過去7年間で5600軒以上が失われたことが明らかになった。実に1日当たりざっと2.2軒のペースで消えている計算になる。

京町家の保全、活用を目指す有識者会議(会長・高田光雄京都美術工芸大教授)は町家の改修費補助増額や所有者の税負担軽減を求める答申を門川大作京都市長に提出した。市はこれを受け、条例案を策定し、早ければ9月議会で提案したい考えだ。

過去7年間で5600軒以上が取り壊し

町家,京都,地方創生
京都情緒を漂わせ、観光客に喜ばれている京都市東山区新橋通の京町家。市全体で京町家は過去7年間に5600軒以上が失われた(写真=筆者)

市まち再生・創造推進室によると、調査は2016年9月から2017年3月にかけて実施された。2008、2009年度の前回調査では、1950年以前に木造の伝統軸組構法で建築された京町家を4万7735軒確認していたが、その残存状況を外観調査するとともに、居住者らを対象にアンケート調査した。

調査場所は戦前に市街化された上京、中京、東山、下京4区のほぼ全域と北、左京区の一部、伏見区の旧市街に、若狭、西国、伏見、鳥羽などの街道沿いを加えている。

その結果、残存していたのは4万146軒で、建て替えや取り壊しで失われた京町家が5602軒あった。ほかに、路地奥などにあって調査できなかった京町家が1987軒出た。年平均の減少率は1.7%。前回調査の際に過去の調査と比較した減少率が年1.6%で、ほぼ同じようなペースで京町家が失われていることが分かった。

現存する京町家を電気メーターの動きや表札の有無などから推計した空き家は5834軒で、全体の14.5%を占めた。前回調査時点の空き家率10.5%から4ポイント増え、2013年時点の市全体の空き家率14%に近い数字が出ている。

市まち再生・創造推進室は「このまま減少が続けば、京都ならではの風情が脅かされる事態になりかねない。調査結果を詳細に分析し、京町家の保全、継承を進めたい」と危機感を口にした。

エルメスも出店、観光客には京都情緒漂う景観が好評

京町家に共通した定義はないが、一般に間口に比べて奥行きが長い敷地で、「ウナギの寝床」などと呼ばれている。間取りは通り庭、ミセの間、座敷などで構成され、外観に一文字屋根瓦、格子戸、虫籠(むしこ)窓、出格子、土壁という特徴を持つ。

多くは狭い路地に面し、隣家と軒を連ねている。平屋建てや3階建てもあるが、大半は2階建て。町家の表側だけを店舗用に改築した「看板建築」と呼ばれる建物も含まれる。

近年はカフェやレストラン、ブティック、簡易宿所、ゲストハウスなどに改装され、独特の景観から観光客の人気を集めるところが少なくない。特に、ここ数年急激に増えている外国人観光客には京都情緒を味わえるとして非常に好評だ。

フランスの高級ブランド「エルメス」や世界的に有名なチョコレート店の「ジャン=ポール・エヴァン」も京町家に出店した。コンビニや土産物店でも京町家を改装した例が出ている。

しかし、所有者の多くが高齢化し、子どもたちは別の場所に移り住んでいるケースが多い。建物が古いだけに、維持管理は大変。リノベーションするにしても、独特の間取りからレイアウトが難しく、制限も受けるため、費用が高くつくという。

有識者会議が保全策を門川市長に答申

こうした状況を受け、市の有識者会議は京町家の所有者に対し、取り壊しの事前届け出を義務付ける一方、改修費用や税負担を軽減する答申を門川市長に提出した。補修費や相続時の税負担を重荷に感じ、空き家や取り壊しになるのを防ぐのが狙いだ。

さらに答申では、京町家の保全、継承を進めるため、活用希望者とのマッチングを進めるなどの支援策を市に求めた。所有者が取り壊しを届けても、1年間は取り壊せないことにし、その間にマッチングなど保全に向けた取り組みを進める。

景観や文化の継承に重要な京町家を無届けや届け出後1年未満で取り壊した場合、罰則(5万円以下の過料)を科すとしている。

市はこれまでも京町家保全をうたい、耐震診断や改修工事を助成してきた。耐震診断やゲストハウスへの改修に90万円の助成金が出ている。しかし、所有者らの間では助成額が十分ではないとする声もある。

京都と同様に町家保全に力を入れている石川県金沢市は町家の耐震補強と改修を組み合わせれば、住宅で最大400万円、店舗で最大500万円の補助を出し、効果を上げている。

金沢市歴史都市推進課は「金沢でも町家は徐々に減少しているが、減少のペースに歯止めがかかった。補助額を上げることで市として保全の姿勢を示すことも有効な手立てでないか」と語った。

京都市は「京町家保全・活用推進条例(仮称)」を制定する方針。今回の答申を受けて細部を詰め、早ければ9月の市議会に提案したいとしている。

歴史ある寺社とともに、京町家が続く情緒たっぷりの街並みは、京都観光の目玉の1つになるだけでなく、市民にとっても貴重な財産だ。これ以上の消失を避けるためにも、市はより積極的な保全策を打ち出す必要がありそうだ。

高田泰 政治ジャーナリスト この筆者の 記事一覧
関西学院大卒。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任したあと、編集委員として年間企画記事、子供新聞などを担当。2015年に独立し、フリージャーナリストとしてウェブニュースサイトなどで執筆中。マンション管理士としても活動している。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)