3月期決算の発表が本格化している中、決算良好の企業には投資家からの買いが集中する一方で、決算鈍化となる企業は投資家からたたき売られるなど決算相場の様相を呈している。

そんな中で5月12日、ポテトチップスやじゃがりこ、かっぱえびせんなどで有名なカルビーが本決算を発表した。一時は台風の影響による国産じゃがいもなどの原材料不足で一部のポテトチップスの出荷が停止されるというニュースが伝わったこともあり決算への悪影響が懸念されたが、予想に反して決算内容は良好だった模様だ。

本記事では良好な決算の概要について振り返ってみたい。

実際の決算数値と事前予想との差異は?

ポテトチップス
(写真=PIXTA※画像はイメージです)

以下がカルビーが発表した決算数値である。

(年次、売上高、営業利益、経常利益、純利益の順に掲載。数値は企業が発表した17年3月期決算短信より)

2017年(本決算)、2524億円、288億円、286億円、186億円
2017年(会社予想)、2500億円、285億円、282億円、182億円

また同時に発表された2018年の会社予想は以下の通りだ。

2018年(会社予想)、2600億円、300億円、300億円、190億円

今後、じゃがいも不足の影響は業績に影響があるとの見通しを会社側は行っているものの、18年予想を据え置いたところは一定の評価がされるはずだ。また同時に増配継続を発表している。前期の1株当たり35円配当に対して17年は1株当たり42円の配当、18年は1株当たり46円の配当予想だ。

予想よりも堅調な決算に加えて、増配継続に姿勢は株主還元面での投資家からの高評価がなされそうだ。

良好な決算内容を形作った原因は?

もともとは昨年、北海道内の夏の台風の影響によるじゃがいも不作の影響によりポテトチップスの販売に一部影響があるなど、その決算への悪影響が心配されていた。

しかし、本決算の内容もふたを開けてみると、純利益が従来の会社予想に対して4億程度上振れる結果に着地している。18年度以降の会社予想も従来通りと順調な推移をしているといえる。

この要因としては以下の2つがあげられている。

(1)ポテトチップスの新型商品「ポテトチップスクリスプ」の販売が好調
(2)非ポテトチップス商品のフルグラが大人気であること

商品系統別の売上高を前年度比で見てみると以下のようになる。

ポテト系スナック全体での売上高は1268億円で前年度比0.3%の減少。主力のじゃがいもが不作したことにより、ポテトチップス類の売り上げが765億円で前年度比2.6%の減少、じゃがりこの売上高366億円と前年度比で4.6%上昇、じゃがポックルの売上高が135億円で前年度比0.8%上昇となったようだ。

また小麦系スナックは227億円で3.6%増加、コーン系・豆系スナックの売上高が171億円で7.5%減少となっている。

その一方で、新規スナックのポテトチップスクリスプの売上高が75億円となり前年度比で36.6%の上昇と大健闘を見せている。じゃがいもを使用しない成型の新規スナックがじゃがいもの不作による悪影響をカバーした形となっている。

一方でシリアル・ベーカリーの事業においては、フルグラが大健闘をみせ、売上高が291億円、前年度比で30.7%増加している。

フルグラはここ数年で売上高も大幅に伸びるなどの急成長を見せている。今後カルビーはフルグラを中心にシリアル事業を拡大していく計画の模様だ。

今後は大人気フルグラが業績をけん引する?

企業側の発表によると、じゃがいもの不足による影響は今期以降の業績に影響するそうである。そんな中で、じゃがいもを利用しない成型ポテトチップスやフルグラなどの売り上げに注力していく模様だ。

特に国内において大人気のフルグラは今後、世界展開を視野に生産を開始していくようである。5月10日企業側がリリースしたIRには、「フルグラを京都から世界へ! 京都工場内に新生産棟を建設 2018年夏に稼働開始予定」とある。2010年に30億円程度の売り上げ規模だったフルグラもすでに300億円程度の規模へと成長しているが、今後は世界展開を加えることによって目標数値である500億円規模を目指し生産ラインを拡大していく模様だ。

また、フルグラにおいては2012年からは女性向けに「時短、食物繊維、鉄分」を、2015年からは中高年向けへと「減塩」をアピールしているなど、テーマを決めてマーケティングを行うことで成長をとげている。今後の世界展開や新しいマーケティング展開に期待して、カルビーの業績動向を見守っていきたい。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「 インカムライフ.com 」。著書に「超優待投資・草食編」がある。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)