日本の労働者の約7割が「起業したくない」と考えていることが分かった。世界33の国と地域の中では日本の数値が最も高く、日本人の起業意識の低さを裏付ける結果となった。

調査を行ったのは、総合人材サービスのランスタッド。ヨーロッパ、アジアパシフィック、アメリカ大陸の33の国と地域の労働者を対象に実施した。日本人は起業に無関心だと言われるが、実際はどうなのだろうか。

グローバルの起業意欲と大きな差

起業意識,調査
(写真= Rawpixel.com/Shutterstock.com)

労働者の起業意識について。「起業したいとは思わない」という問いに対して「はい」と回答した割合を見てみると、日本は69.9%だった。これは調査対象の国と地域の中で最も高い数値だ。グローバル平均は53.1%だった。

日本の次に割合が高かったのはノルウェー。次いでチェコ、デンマーク、オランダも6割台となっている。逆に低いのはメキシコ、チリ、アルゼンチンなどで、「はい」の回答が1〜2割台となっている。国・地域によって、企業に対する意識が大きく違うことが分かる。

次に「多くの機会を得られるので起業したい」の問いに「はい」と回答した割合を見ていこう。グローバル平均は53.0%と半数を超えている。しかし、日本は23.5%にとどまり、グローバルとのギャップが目立つ結果となった。

グローバルの数値を年齢層別に見てみると、「18〜24歳」の63.8%が「はい」と回答している。若年層でとくに起業意欲が高くなっていることが分かる。

一方、日本の数値を年齢層別に見てみると、「18〜24歳」が28.3%、「25〜34歳」が31.2%、「35〜44歳」が26.4%、「45〜55歳」が18.0%、「55〜65歳」が17.0%だった。若年層で若干数値が高くなっているが、グローバルとの差は激しい。

また、「スタートアップ企業で働きたい」との問いでは、「はい」と回答した日本人が32.1%、グローバル平均は49.8%だった。こちらも「18〜24歳」の若年層の数値を見てみると、日本人は30.4%であるのに対し、グローバルでは60.0%となっている。スタートアップ企業への興味や志向についても、日本とグローバルの数値には隔たりがある。

なぜ起業したいと思わないのか?

ここまで見てきて、日本人は起業に対する意識や意欲が軒並み低いということがわかった。一体なぜだろうか。調査では、政府の支援に関する質問もしている。

「政府はスタートアップ企業を積極的に支援している」との問いに「はい」と答えた日本人は、約20%だった。最下位のギリシャに次いで、調査国・地域の中で下から2番目という低さだ。一方で、最も「はい」の回答割合が高かったのはインドで約85%。アメリカも80%強が「政府は積極的に支援している」と答えている。グローバル平均は約50%。

また、「この国は起業するにはよい国だ」の問いでは、「はい」と回答した日本人は約20%。対象国・地域の中で最下位だ。下から2番目がギリシャ、3番目がハンガリーで、どちらも「はい」は30%弱。最も割合が高いのはインドで約85%、次いでアメリカの約80%だった。こちらのグローバル平均は約55%だった。

起業に関する公的支援や環境についても、日本人は自国に厳しい評価をしている。「政府の支援は十分ではない」→「起業するのによい環境が整っていない」→「起業したいと思わない」という意識の流れができてしまっていることも十分想像できる。

日本人特有の気質が起業意識を下げている?

日本人の起業意識が低いのにはさまざまな理由があると思うが、日本人特有の気質や社会のシステムから考えると、ごく当たり前のようにも思える。

日本人は失敗を嫌う民族だという。失敗を恐れてチャレンジしないし、リスクが大きいことには手を出さない。終身雇用、年功序列、新卒一括採用などの独自のシステムをつくり上げ、機能させてきたが、これらの日本的なシステムがなかなか完全崩壊しないのは、安定を好む日本人の気質のせいだろう。

日本人は安定を好む。つまり、日本の労働者の約7割が「起業したくない」と考える一番の理由は、起業には安定性がないことにあると思う。日本人を大きく動かすには、安定がキーワードだ。安定によって起業家を増やすことはできないかもしれないが、起業意識を高めることは可能だろう。

起業意識や環境を変えるためには

日本人の起業意識をグローバルの値に近づけることが正しいのかどうかはわからないが、それを実現させるためには、起業に「安定」という要素を加えることが近道なのではないだろうか。

それは政府や民間の支援であったり、万が一失敗したときの保険であったり、チャレンジを善しとする風潮であったり、雇用システムの大きな変化であったりするだろう。

日本人は起業に無関心だという声もあるが、関心がないわけではないだろう。しかし、成功者が足をすくわれる話を聞いたり、出る杭が打たれる様子を見たりすると、不安や恐怖のほうが勝ってしまう。それぞれが隠し持っている起業への関心を上手に引き出すことができれば、日本人の起業意識や環境もガラッと変わるのではないだろうか。(渡邊祐子、フリーライター)

【オススメ記事 PR】
「従業員からの支持率が高いCEOランキング」
世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」
トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」
「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声も
お金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由