羽田発シドニー行きの全日空機に搭乗した英国人男性が、麦などを使わないグルテンフリーの機内食を注文したところ、9時間のバナナが1本のみの提供であったというニュースが世の中を駆け巡った。この報道を受けて全日空が謝罪をする事態にまで発展したが、果たしてバナナ1本というのは事実であったのだろうか。

機内食でバナナ1本は本当か

エアライン,ネットで話題
(写真=Bedrin/Shutterstock.com)

機内食でバナナを1本だけしか提供されなかったと主張したイギリス人男性のニュースは日本のみならずイギリス等海外のメディアからも注目を集めた。確かに9時間のフライトでバナナ1本だけしか機内食として提供されないのは重大な問題であると考えられる。

しかし今回のニュースは実際には誤解や誇張があり、事実とは大きく異なっているようだ。各報道を総合すると、今回の件では9時間という長時間のフライトであったため、全日空では機内食を乗客に2回提供している。実際にこのイギリス人男性も1回目は注文通り提供されたグルテンフリーの機内食を食べたという。

もちろんこの1食目についてはバナナ1本だけでなく、一般的な食事の量だ。しかしこのイギリス人男性はグルテンフリーの食事だけでは満足できず、通常の機内食も持ってくるように頼み、自身が食べられる物だけを選んで食べたという。

2回目の機内食については、他の乗客がサンドイッチなどの軽食を食べる中、報道された様に確かにイギリス人男性にはバナナ1本のみが提供されたのだという。ただし2回目の機内食に関してもイギリス人男性は量が足らなかったのか、1回目の機内食のメインディッシュだけを再注文し、これも食べている。

実際にはバナナ1本だけでなく多くの機内食が提供されていたが、2回目のバナナが1本のみ提供された事実のみが誇張され報道されていったというのがどうやら今回のニュースの真相のようだ。グルテンフリーの機内食や提供時間等、意外と機内食について知られていないこともある。機内食について少し解説しよう。

機内食が出る時間の目安は

フライト中の楽しみでもある機内食は、残念ながら国内線ではほとんど提供されない。例外としてビジネスクラス以上であれば提供がなされている。

機内食といえばやはり国際線である。残念ながら近年人気を集めている、いわゆる格安航空では機内食の無料提供を行っていないことが多いが、大手航空各社ではエコノミークラスであっても、もちろん機内食は無料提供されている。

食事の時間帯に関して日本航空を例に見てみよう。日本航空では離陸後1時間を目安に提供されている。ただし深夜出発便等は到着約2時間半前を目安に提供している。フライトが長時間になる場合は冒頭でご紹介したニュースの様に2回目の機内食が提供される場合もある。

距離の短い路線でも国際線であれば機内食が提供されているようだ。日本航空の大阪から韓国の釜山を結ぶフライト所要時間はわずか1時間半程であるが、機内食が提供されている。大手航空各社ほぼ全ての国際線で機内食を提供しているようだ。

冒頭で取り上げたグルテンフリーのような機内食も実は数多くの種類が用意されている。日本航空の例を挙げると、乳幼児食やチャイル、ベジタリアン、低脂肪ミール、低塩分、低カロリー、低グルテン。ほかにもヒンズー教ベジタリアンミールなど特別機内食として数多くのメニューを用意している。

機内食は海外旅行の楽しみの一つでもある。美味しい機内食を上空で存分に味わっていただきたいが、特別機内食を注文したからといってバナナ1本だけが提供されることはないのでご安心を。(右田創一朗、元証券マンのフリーライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)