経団連が6月9日に発表した「2017年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況」によると、前年夏比4.56%減の91万7906円となり、5年ぶりに支給金額が減少した。減少したとは言っても、3年連続で90万円台を維持した。ボーナスを受け取ると、海外旅行や高額商品の購入を検討する人も多いかもしれない。

一方で、貯金や投資といった貯め方、増やし方に関心を持っている方もいるだろう。厚生労働省が6月2日に発表した人口動態統計によれば、2016年に誕生した子供の数は初めて100万人を割り込んだとのこと。少子化の進行は将来の労働力不足につながり、現役世代が支える公的年金の今後に影響を及ぼす。将来の公的年金に多くの人が不安を抱くのも当然の流れと言えるだろう。公的年金に頼らない将来のために、資産形成を行って自ら対策を講じなければならない。資産形成の一手段として、株式投資を検討してみてはいかがだろうか。

証券口座を比較検討する際の2つのポイント

投資を始める
(写真=PIXTA)

株式投資を始めるには、まず証券会社に口座を開かなければならない。多くの人が一般的に、「商品を勧められるのが面倒」「損をするのが怖い」等と、投資に対して不安を抱く。しかし、近年はインターネットで株式投資が行えるネット証券が多い。証券営業員との面倒なやりとりに煩わされることもない。売買を分析するための投資ツールは無料で提供されているものも多い。ネット証券で口座開設をするにあたり、比較検討する際のポイントを紹介したい。

比較検討する際のポイントは次の2つだ。

(1)売買手数料
(2)取り扱い商品

順番に見ていきたい。

(1)売買手数料

株の売買を行う際に投資家が証券会社に支払う売買手数料の金額で、証券会社を選択したい。これから株式投資を始める場合、多くの人が現物取引から株取引を始めるだろうから、まずは現物取引の取引手数料を確認する。

株取引の際にかかる売買手数料は、売買手数料が約定ごとに発生するプランと、1日または1カ月という風に一定期間単位の定額プランとがある。最近は、取引金額にもよるが、約定ごとに売買手数料が発生するプランの場合、片道(買い、売りのどちらか一つの取引のこと)100円程度の証券会社もある。1銘柄を取引する場合、買う時と売る時の往復分の売買手数料がかかる。

株式投資の利益が1万円、税金を考慮しない場合で考えてみよう。
片道の売買手数料が1000円の場合は手取り金額が8000円だが、片道の売買手数料が100円の場合には合計200円で手取り金額は9800円になる。売買手数料の金額は低いほどお得だ。例えば、松井証券では、一日の約定代金合計10万円までは売買手数料が無料だ。取引金額が10万円以下ならお得になる。

定額プランについては、投資家の投資スタンスや売買頻度を考慮する。取引回数が多いのであれば、定額プランが安くなる場合もある。例えば、一日に何度も、何銘柄も取引するような場合だ。プランの変更は簡単に行える。まずは実際に取引をしてかかる売買手数料を確認してから、プランを選択すればよい。

現物株の取引に慣れたら信用取引を始める人も多いだろうから、信用取引の売買手数料についても確認をしておきたい。

(2)取り扱い商品

証券会社が取り扱う金融商品は株式だけにとどまらない。投資信託や債券、FX(外国為替保証金取引)、先物、オプション、CFD、外国株式、金、iDeCo(確定拠出年金)等数多くの金融商品がある。あらかじめ投資したい金融商品が決まっている場合には、それを取り扱っているのか確認したい。

例えば、上昇基調が続く米国の株式市場に投資したい場合、米国株式を取り扱っている証券会社に事前に口座を開いておきたい。例えば、米国株式を取引するならマネックス証券等が挙げられる。

2017年から制度が改正され、多くの人が加入できるようになったiDeCo(確定拠出年金)への加入を検討しているのであれば、運営管理手数料が無料の楽天証券やSBI証券がある。さらに、SBI証券の場合には、レオス・キャピタルワークスが運用を行うひふみ年金を運用先として選択できる。

近年、資産運用の投資先が増え、証券会社が取り扱う金融商品も多い。まずは興味のある金融商品の取り扱いがあるのか確認しておきたい。

話題の金融商品に興味があって口座を開いてみたものの、取引の方法がわからない場合もある。また、パソコンやインターネットに不慣れな場合もある。疑問等を抱えての資産運用は不安を高めるだけだ。株式投資の場合、株取引をすでにやっている知人がいるのであれば、知人と同じネット証券を利用する手もある。

困った時には教えてもらいやすい。もし知人がいない場合にはわからないことを丁寧に教えてくれるはずなので、フリーダイヤルを活用しよう。

横山利香(よこやまりか)
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)。ファイナンシャル・プランナー。相続士。WAFP関東理事。「会社四季報オンライン」や「All About株式戦略マル秘レポート」での連載や、ヤフーファイナンスの「株価予想」でもマーケットコメントを執筆する等、株式投資や不動産投資といった投資や資産運用をテーマに執筆、 メルマガ 発行、講演活動、株塾を行う。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)