乃木坂46に『設定温度』というアルバム曲がある。一緒に暮らす男女のすれ違いや気づかいをエアコンの設定温度の差という視点から表した曲だ。この曲の歌詞のように、恋人や夫婦という関係性でさえ、設定温度がすれ違いの原因になり得る。これが他人の集まりである職場となれば、そこに問題が起こらないわけがない。

一般的に、男性は暑がりで女性は寒がりだと言われる。外回りから帰ってきた男性社員が勝手に室温の設定を下げてしまいデスクワークの女性社員たちから怒られる、という展開は、多くの職場で何度となく繰り広げられていることだろう。

ただし、男性にも冷え症の人はいるし、暑がりの女性だっている。ほぼ男性だけという職場に勤める知り合いに聞いたところ、男性だけでもやはり設定温度で揉めるのだそうだ。“男性vs女性”というよりも、“暑がりvs寒がり”“外回りvsデスクワーク”といった構図が正しいのかもしれない。

不毛な議論と設定変更の攻防

設定温度,男女差
(写真=PIXTA)

設定温度をめぐる議論は、毎年夏になると日本中の職場で繰り返されている。問題なのは、この議論のほとんどが不毛なことだ。「暑い」「寒い」と言い合っても、建設的な答えはなかなか生まれてこない。

昨年のデータではあるが「ビジネスパーソン1000名に聞く、夏のオフィスのエアコンに関する意識と実態調査」(三菱電機ビルテクノサービス、2016年6月調査)によると、こっそりと職場の設定温度を変更したことのある人が62.1%もいるという。

その中で、変更した温度が元に戻されていた経験がある人は73.7%、再び希望温度に設定変更をし直したことがある人が78.0%、という結果が出ている。

こっそり温度を変更したのに設定を戻されて、またこっそりと変更し、の繰り返し。これでは仕事も進まないだろう。議論を避けたとしても、結局、業務とは関係のないことに時間や労力を使ってしまっている。

問題は生産性の低下

さらに大きな問題は、設定温度のいざこざは職場の生産性を下げるということにある。

たとえば、灼熱の外回りから帰ってきたのに予想以上に職場の室温が高ければイライラもするだろう。何とか暑さに耐えたとしても仕事に集中できないだろうし、冷静な判断ができなくなってミスも多くなるはずだ。

反対に、デスクワーク中心の人や寒がりな人は、職場の室温が低いと体調不良を起こしやすくなる。冷え過ぎで風邪を引くなど、病気の原因になることもある。体を壊してしまっては元も子もない。

両者ともに悪影響しかなく、放置すれば生産性の低下につながる。これは大問題だ。このまま温暖化が進み、気温が上昇していくことになれば、設定温度で揉める日も増えることになる。問題を放っておけばおくほど、職場の生産性は下がってしまうことになるのだ。

快適な職場環境をどう実現するか

設定温度の問題は一見、暑がりと寒がりの2者の対立のように見えるが、実は100人いれば100通りの答えが必要な問題だ。なぜなら、快適さの感じ方というのは人それぞれだからだ。

たとえば、社員全員が1年中快適に過ごせるような空調管理システムが整えば、仕事ははかどり生産性も上がるだろう。すぐに実現させるのは難しい話だが、企業として何らかの努力は始めたい。

効率化を図り生産性を高めるためには、職場環境の快適化は欠かせない。AIによる職場の空調管理がこれからもっと進んでいけば、ここに挙げたような不毛な議論も設定変更の攻防もなくなっていくだろう。未来は意外と近いところまできているのかもしれない。(渡邊祐子、フリーライター)

【オススメ記事 PR】
「従業員からの支持率が高いCEOランキング」
世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」
トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」
「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声も
お金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由