世界最大級の金融機関であるUBSは、日本、香港、シンガポール、メキシコ、イタリア、スイス、英国の7ヶ国における、居住不動産を除いて100万米ドル以上の投資可能資産を持つ富裕層、計2842人を対象とする意識調査の結果を発表した。ここではその概要を紹介しておくことにしたい。

日本の富裕層の約8割は「不確実な時代」と感じている

富裕層
(写真=Thinkstock/Getty Images)

「現代が最も不確実な時代である」という意見に強く賛同、またはある程度賛同した人の割合は、スイスが77%、日本が79%だったほか、他の国では軒並み80%を超えた。

また、不確実性の最大の要因としては、日本では「老齢化」、香港では「社会問題」、シンガポールでは「さらなる貿易障壁のリスク」、メキシコでは「汚職」、イタリアでは「高い若年層失業率」、スイスでは「不動産価格」、英国では「EU離脱交渉」といった具合に、それぞれ各国特有の不安が挙げられている。

最も信頼できる情報源は「新聞」?