クレジットカードでの買い物や会員カードの提示で付く「ポイント」。貯めている人も多いだろう。ポイントの貯まりやすさや使いやすさをカード選びの基準としている方も多いのではないだろうか。ポイントを増やすには、買い物をしたり会員登録したりするしかなかったが、最近ではポイントを「運用で増やす」ことができるのだ。

クレディセゾンの永久不滅ポイントで投資を体験

ポイント,資産運用,投資体験,セゾン,インヴァスト
(画像=インヴァストカードWebサイトより)

ポイントの運用サービスを始めているのが「永久不滅ポイント」で知られるセゾンカード。ポイント運用サービスに登録すると、買い物などで貯めたポイントを運用して増やすことができる。

外国株式・外国債券を中心に積極的にプラスを狙うことができる「アクティブコース」と、国内債券を中心に安定的な運用を目指す「バランスコース」の2つから選ぶことが可能で、さながら資産運用だ。

ポイント数は、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問が運用する、投資信託の価格に合わせて増減する。ポイントは好きな時に取り出して永久不滅ポイントとして従来通り使用することも可能だ。

このサービスのメリットは、ポイントを「増やす」ことだけではない。「投資を疑似体験できる」ということもある。投資をやってみたいけれど、あまり知識がなくて心配という方でも、ポイントなら元手がかからないので安心して始めることができる。

投資体験ゲームなどと違い、運用に成功すればポイントが増えるので投資を実践的に学ぶことが可能だ。リスクを小さく抑えて投資を疑似体験できるうえ、ポイントが増えるいう実利的なメリットもある。手数料も無料のため、気軽に始めることができるのも魅力だ。

ポイントを実際に投資の元手にできるカードも登場

このほかにも、ポイントを元手に実際に投資ができるカードも登場した。インヴァスト証券がジャックスとの提携で提供する「インヴァストカード」では、クレジットカードを利用して貯めたポイントを元に、実際に投資を行える。

実際には貯めたお金で海外ETFへ積立投資する専用サービス「マネーハッチ」を使用するという。ある意味、元手を特別用意せずとも投資を始められるわけで、初心者にはうれしいサービスといえそうだ。

インヴァストカードのサイトによると、世の中で発行されたクレジットカードポイントは3割から5割失効しているというデータもあるというから、心当たりがある人はポイント残高や履歴を確認してみるといいだろう。

投資はリターンが得られる分、リスクも大きい。はじめから大きな額の原資を投入するのではなく、リスクを押さえて投資を学べるツールとしてカードのポイントを利用するのもいいだろう。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)