リクルート出身で現在LIFULL HOME'S総研所長である著者の島原万丈氏は都市の魅力を「官能」で評価すべきだと主張する。「官能都市」は住む人の幸福度を高めるだけでなく、イノベーションを生み出すインフラとしての可能性を秘めている。

『本当に住んで幸せな街 全国「官能都市」ランキング』
著者:島原万丈、HOME'S総研(※2017年4月よりLIFULL HOME'S総研へ組織名称変更)
出版社:光文社
発売日:2016年11月17日

都市の魅力度を測る新しい指標「官能都市(センシュアス・シティ)」

本当に住んで幸せな街,全国「官能都市」ランキング
(画像=Webサイトより)

一般的に知られている都市の魅力度ランキングといえば、医療や教育などのインフラ環境の充実度が高ければ住みよいと判断したり、住みたい街のアンケートを取り投票数で決めるといったものだろう。しかし、これらの指標で実際に住んでみて良い街かどうかを判断するのは難しい。

本書が提唱する「官能都市」という考え方はこの欠点を補い、人間が肌で感じる住みよさで都市を評価する試みだ。なお、官能というと卑猥なイメージが浮かぶのだが、そうではなく「感覚器官の動き」という本来の意味から派生して「人間の五感に訴えかけるような」というニュアンスで使っている。

「官能都市」の詳細な判断基準は本書に譲るとして、調査の結果ランキングベスト3は、1位が東京都文京区608.0ポイント、2位が大阪市北区566.5ポイント、3位が東京都武蔵野市550.4ポイントで直感的に意外な都市が上位に入っている。

文京区は「共同体に属している」「歩ける」の項目で1位となり、ほかの指標も上位に入り総合評価で他を圧倒している。理由は、谷根千エリアが歴史と情緒を残しつつ、とにかく歩いて楽しい街だからだという。大阪市北区は「匿名性がある」「ロマンスがある」「機会がある」の項目で1位になっている。繁華街の梅田のほか、天神橋筋商店街や天満という良い意味で猥雑な場所が「官能」度を高めているのだろう。吉祥寺のある武蔵野市は「街を感じる」の項目で1位のほかバランスよくポイントを獲得している。

また、「官能都市」ランキングの調査対象都市全134都市の上位25%、下位25%、中間50%の3つの区分で居住の満足度や幸福実感度を調査すると、「官能」度が高い都市ほどそれらの値も高くなる結果となった。

「官能」を破壊する日本の都市開発

「官能都市」は住む人にとって利益をもたらすだけでなく、都市の発展にも重要となる。イノベーションを生み出すためには、都市に才能溢れる人が集まり交流することが大切で、世界のイノベーションを生み出している都市はもれなく「官能都市」だとも言える。

しかし、日本は「官能都市」の重要性を認識できていない。日本で主流の都市開発は昔ながらの猥雑で「官能」的な建物を認めずに破壊する。確かに、耐震性や防火性などの面でそれらの建物は不適格だが、それを排除して日本のどこにでもある風景に変えることは、街の魅力を破壊するのと同じだ。

タワーマンションやショッピングモールとともに商店街や狭い路地の飲食店街が共存できるような、その街の魅力を理解し多様性を承認する都市開発が求められている。

本書では、武蔵小山の暗黒街が再開発により消滅した例とともに、大阪の法善寺横丁やションベン横丁が住民の要望により保全された例も挙げられている。これは行政を含む担当者と住民との「情報の非対称性」が解消された場合に、都市開発は成功することを示しているように思う。

鈴木亘(著)『経済学者 日本の最貧困地域に挑む』では、あいりん地区の再開発において、「あいりん地域のまちづくり検討会議」に主要なステークホルダーを集結させて議論を重ねることで、「情報の非対称性」を解消しプロジェクトを成功に導いていた。

その際に鈴木氏が担った、行政と住民側の橋渡しを行いプロジェクトの成功に強くコミットするミドルマン(中立的な調整役)が要の存在となっていた。一般的な都市開発においても、担当者と住民をつなぐ会議とミドルマンが有用となるかもしれない。

本書は人々が生活する都市について、斬新で有益な考え方やデータが得られる一冊である。(書評ライター 池内雄一)

官能都市(センシュアス・シティ)ランキングトップ10

1位:文京区
2位:大阪市北区
3位:武蔵野市
4位:目黒区
5位:大阪市西区
6位:台東区
7位:大阪市中央区
8位:金沢市
9位:品川区
10位:港区

(出典:LIFULL HOME'S 総研調査研究レポート「Sensuous City[ 官能都市]― 身体で経験する都市;センシュアス・シティ・ランキング」p.41)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)