総務省がまとめた2016年の家計調査によると、2人以上世帯がスポーツクラブにお金を掛ける年額は全国平均で4722円だった。ゴルフのプレー料金や他のスポーツ施設の利用料などと区別して、この項目単独での統計が開始された2010年以降、最も多い金額になっている。

ちなみに2011年の3145円が最低値で、その後は年々増加を続けている。消費支出全体が2011年の340万円からほぼ横ばい状態にある中で、スポーツクラブの利用が増えているのは興味深い。そこでここでは、都道府県庁所在市に川崎市、相模原市、浜松市、堺市、北九州市の政令指定都市5市を加えた52都市について、スポーツクラブ使用料の多寡を見てみることにしたい。

ここでのスポーツクラブの定義

スポーツクラブ,出費
(写真=PIXTA)

スポーツクラブと言うと、学校や企業などでスポーツ愛好者が自発的に集まった団体を思い浮かべる人も多いと思うが、家計調査の「スポーツクラブ使用料」の項目については、いわゆるフィットネスクラブやヘルスクラブ、スポーツジムなどと呼ばれている会員制クラブの会費だと思えばよいだろう。

自分のスタイルにこだわってスポーツクラブに通うような例も少なくなく、実際2017年3月期の主要プレイヤーの決算もしくは第2四半期の情報を見ても、RIZAP <2928> 、カーブスジャパン <2157> 、東祥 <8920> などが急成長を遂げており、ルネサンス <2378> やセントラルスポーツ <4801> も増収増益を達成している。

経済解析室は2015年2月にフィットネスクラブに関する分析を発表しているが、そこにはいくつかの特徴ある分析結果が指摘されている。その筆頭は、60歳以上のシニア層がフィットネスクラブに熱心だということだ。

実際「スポーツクラブ使用料」について1世帯当たりの年間支出額を見ると、世帯主が60歳代の世帯が最も多額になっている。また、フィットネスクラブの会員に占めるシニア層の割合も、全人口の年齢別構成比の変化幅以上に上昇しているという。こうした傾向に応じるため、介護予防の効果に着目したサービスなど、シニア層を意識した様々な取組を実施するフィットネスクラブも増えているのだという。

地方別トップは関東の6374円

スポーツクラブ使用料は人口5万以上の市では5305円で、小都市や町村の1565円を大幅に上回っている。中でも大都市が6650円、中都市が5028円などと、都市の規模がそのまま金額に繋がっているのは、スポーツ施設がどうしても規模の大きい都市に集中しがちな点からも、やむを得ないことなのかもしれない。

またスポーツクラブ使用料を地方別に見ると、トップは関東の6374円で、以下近畿が5863円、北陸が4537円、四国が4324円、中国が3916円、東海が3379円、北海道が2795円、沖縄が2427円、東北が2063円、九州が1974円などとなっている。

さらに大都市圏についての集計結果も発表されていて、それによるとトップはやはり関東圏の6823円だった。以下、近畿圏が6150円、中京圏が3472円、北九州・福岡圏が2710円などとなっている。

都市別にみてもトップ5は大都市

都市別のランキングをみると、トップとなったのは神奈川県横浜市の1万410円だった。何かと近代的なイメージが伴う横浜だが、やはり体力や体型にこだわりをもつ人も多いのかもしれない。これに続いたのは金沢市の9527円で、以下、山形市の9107円、東京都区部の8869円、千葉市の8501円などだった。

逆に金額が少ないワースト5は、青森市の960円に続いて、長崎市の1073円、鳥取市の1996円、松江市の2261円、大分市の2290円などとなっており、地方都市が並んでいる。

全52都市の昇順ランキング

全52都市のランキングを昇順にみると、次のようになる。
52位 青森市 960円
51位 長崎市 1073円
50位 鳥取市 1996円
49位 松江市 2261円
48位 大分市 2290円
47位 福井市 2567円
46位 宮崎市 2640円
45位 浜松市 2822円
44位 福岡市 2844円
43位 鹿児島市 3032円
42位 盛岡市 3279円
41位 佐賀市 3470円
40位 北九州市 3505円
39位 熊本市 3507円
38位 札幌市 3635円
37位 福島市 3736円
36位 那覇市 4093円
35位 新潟市 4197円
34位 秋田市 4205円
33位 広島市 4248円
32位 堺市 4256円
31位 富山市 4364円
30位 岡山市 4416円
29位 徳島市 4486円
28位 前橋市 4661円
27位 高知市 4698円
26位 長野市 4751円
25位 名古屋市 4834円
24位 山口市 5008円
23位 大津市 5065円
22位 甲府市 5448円
21位 川崎市 5509円
20位 和歌山市 5640円
19位 大阪市 5752円
18位 岐阜市 5767円
17位 さいたま市 5884円
16位 仙台市 6181円
15位 京都市 6196円
14位 津市 6377円
13位 静岡市 6434円
12位 水戸市 6447円
11位 高松市 6701円
10位 松山市 6771円
9位 神戸市 7105円
8位 奈良市 7738円
7位 宇都宮市 7796円
6位 相模原市 8077円
5位 千葉市 8501円
4位 東京都区部 8869円
3位 山形市 9107円
2位 金沢市 9527円
1位 横浜市 1万410円

(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)