総務省がまとめた2016年の家計調査によると、2人以上世帯の寄付金の年額は全国平均で4953円だった。この金額は記録がある統計で最も古い1994年以降では、2011年の6579円や1995年の5834円に続く高い数値になる。

寄付金が増えた要因で見逃せないのは、やはり「ふるさと納税」だろう。「納税」という言葉がついてはいるものの、実際には、公共団体への寄附にあたる「ふるさと納税」は、従来の「寄附」の概念を大きく変えたと言っても過言ではない。そこでここでは「ふるさと納税」の動向も踏まえた上で、都道府県庁所在市に川崎市、相模原市、浜松市、堺市、北九州市の政令指定都市5市を加えた52都市について、寄付金の多寡を見てみることにしたい。

影響が大きい「ふるさと納税」

ふるさと納税,寄付金額
(写真=PIXTA)

一般的には自治体に寄附をすると、確定申告を行うことによって、寄附金額の一部が所得税や住民税から控除される。ところが「ふるさと納税」の場合には、原則として自己負担額の2000円を除いた全額が控除対象となるのだ。

総務省の取り纏めによると、2015年の寄付額を反映して各自治体が2016年度に失う個人住民税の金額について、最多だったのが東京の262億円で、次いで神奈川の103億円、大阪の86億円、愛知の75億円、兵庫の54億円などとなっている。返礼品を充実させている自治体に寄付が集まる傾向が強く、結果として都市部から地方に税収が移動しているのが分かる。

こうした傾向は家計調査にも顕著に表れており、寄付金額を都市階級別にみると、人口が5万人以上の市は5167円で、小都市や町村の3790円を大きく上回っていた。中でも大都市は7524円、中都市でも4382円と、大きい都市ほど金額が増している。

地方別トップは関東の5993円

寄付金額を地方別に見ると、トップは関東の5993円で、以下東海が5983円、近畿が5958円、四国が5601円、北陸が4629円、中部が3496円、東北が2571円、九州が2392円、北海道が1944円、沖縄が1650円となっている。

また、大都市圏についての集計結果も発表されていて、それによるとトップはやはり関東圏の6920円だった。以下、中京圏が6597円、近畿圏が6508円、北九州・福岡圏が2207円などとなっている。これらも「ふるさと納税」と重ね合わせて考えれば、概ね納得のゆく結果なのではないだろうか。

都市別にみてもトップ5は大都市

都市別のランキングをみると、ダントツでトップだったのは、名古屋市の1万6197円だった。名古屋の人は粘り強いというが、熱心に「ふるさと納税」の返礼品を選んでいたのかもしれない。これに続いたのは東京都区部の1万2254円で、以下、横浜市の9091円、大阪市の8315円、京都市の8142円などとなっている。

面白いのは、6位に高松市の7991円、7位に岡山市の7961円がそれぞれランクされていることだ。ちなみに「讃岐男と阿波女」という言葉がある。養子をもらうなら優しい讃岐の男性を、妻に迎えるにはマメによく働き、気立てのよい阿波の女性を、といった意味だが、家計を預かる主婦が「ふるさと納税」についてもマメに自治体選びをしていたのだろうか。

一方で岡山県の県民性については、同県出身のマンガ家いしいひさいち氏が、「岡山生まれは日本のユダヤ人と言われる変わり者である」と書いたりしているように、「勘定高い」と評する人も少なくない。まあそれが当たっているのかどうかは別として、やはり「ふるさと納税」には敏感そうにも思えてくる。

全52都市の昇順ランキング

逆に寄付金の金額が少なかったワースト5は、青森市の665円、鳥取市の1453円、新潟市の1500円、和歌山市の1523円、徳島市の1572円などとなっており、いずれもが地方都市だった。全52都市のランキングを昇順にみると、次のようになる。

52位 青森市 665円
51位 鳥取市 1453円
50位 新潟市 1500円
49位 和歌山市 1523円
48位 徳島市 1572円
47位 仙台市 1573円
46位 甲府市 1686円
45位 熊本市 1771円
44位 福井市 2049円
43位 盛岡市 2075円
42位 大分市 2090円
41位 山口市 2173円
40位 那覇市 2204円
39位 静岡市 2256円
38位 札幌市 2260円
37位 北九州市 2344円
36位 宇都宮市 2368円
35位 神戸市 2477円
34位 長崎市 2566円
33位 福島市 2600円
32位 福岡市 2852円
31位 松山市 2941円
30位 堺市 3016円
29位 津市 3057円
28位 長野市 3178円
27位 山形市 3223円
26位 秋田市 3386円
25位 さいたま市 3471円
24位 宮崎市 3630円
23位 相模原市 3655円
22位 前橋市 3679円
21位 岐阜市 3733円
20位 鹿児島市 3774円
19位 浜松市 3939円
18位 奈良市 4017円
17位 富山市 4331円
16位 佐賀市 4481円
15位 川崎市 4504円
14位 大津市 4555円
13位 金沢市 4923円
12位 松江市 5317円
11位 水戸市 5567円
10位 高知市 5612円
9位 広島市 6045円
8位 千葉市 6496円
7位 岡山市 7961円
6位 高松市 7991円
5位 京都市 8142円
4位 大阪市 8315円
3位 横浜市 9091円
2位 東京都区部 1万2254円
1位 名古屋市 1万6197円

(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)