タイの首都バンコクの地価は年々上昇しており、2015年12月に財務省財務局が発表した2016~2019年の土地評価額は、バンコクで15.78%増と見込んでいる。

バンコクでは引き続きコンドミニアムや商業施設の建設ラッシュとなっており、タイ人富裕層と外国人投資家によるコンドミニアム購入や転売、賃貸の動きが目立っている。

高級コンドミニアムも水漏れトラブルは多い

タイ,バンコク,住宅事情,設備
(写真=PIXTA)

タイでの不動産所有は土地や一軒家は認められていない。そうなると所有できる物件は限られており、コンドミニアムやアパートとなる。当然ながら1棟所有も禁じられており外国人の所有は全体の49%までとされている。コンドミニアムやアパートの購入も同じ物件内であれば49%の部分までしか購入できないのだ。

コンドミニアムは外国人や富裕層向けの物件となっており24時間セキュリティー完備、プール・フィットネス付きといった物件が主力だ。

コンドミニアムは大手不動産会社が手掛けることも多い。しかし日本のようにしっかりした造りではないケースも多く、高級物件も瑕疵があったり損傷が早いケースは少なくない。特に多いのは水はけの悪さだ。バスルームやトイレ、洗面所など水はけが悪かったり、水漏れトラブルが多い。これは新築物件でも良くあるトラブルだ。

住宅設備のトラブルも日常茶飯事

タイでは住宅設備のトラブルも日常茶飯事である。例えばエアコン。日本製のエアコンは少なく、エアコンはどこの家でもトラブルが多いといっても過言ではない。タイは常夏で1年を通じてエアコンを使用するが、エアコンの水漏れのトラブルはよく聞く。多い家庭では1か月や3か月ごとに水漏れトラブルが起き、業者がクリーニングするといったパターンである。

コンドミニアムの所有ではエアコントラブルが起きた場合、大家が業者を手配し費用を支払うことになる。アパートメントタイプの物件所有では管理人がこれらを行う。設備面でのケアを考えると管理人に依頼するのががベターである。

換気扇がない物件も多い

日本人としてはこれは驚きだが、タイではある程度のきちんとしたコンドミニアムでも換気扇がない物件が多い。特にワンルームや1LDKなどはそうした物件が多いので注意が必要だ。

当然ながらバスルームにも換気扇はない。バスルームに換気扇がないのは1年中常夏のタイでは特段換気について気にしない(換気しなくてもそんなに問題はない)という文化だからである。

さらにキッチンにも換気扇がないケースが多い。これは日本では考えられない話だが、なぜ換気扇がないか?というとタイは外食文化の国だからというのが大きな理由だ。朝・昼・夜と屋台で済ませる人も少なくない。当然ながら自宅であまり調理もしないため、換気扇も不要というわけだ。

日本の常識で見てみると、換気扇がないのは欠陥物件かと思うかもしれない。しかしこれは欠陥ではなく、タイならではの文化が生み出す住宅の造りともいえる。タイの住宅設備事情を事前に理解をした上で不動産投資をした方が賢明だろう。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)