2017年上半期、シンガポールで生命保険の新規契約が10%増え(前年同期比)、加重新規保険料が16.8億ドルに達した。

そのうち5%が退職プランであることから、高齢社会化に伴い、消費者間で老後への不安感が増していることが分かる。

保険市場で需要が拡大したことにより、シンガポールでは2人に1人が何らかの医療・生命保険に加入していることになる。

LIA社長「老後資金への不安が若い世代にも広がっている」

生命保険,医療保険,高齢化
(写真=Thinkstock/GettyImages)

シンガポール生命保険協会(LIA)の調査 によると、定期的に給付される退職プランの新規契約は1万件。総体的な保険料は559億シンガポールドルとなった。

移民の受け入れなどで少子高齢化への対応を試みているシンガポールでも、着実に高齢社会化が進んでいる。「2030年までには2人の成人労働者が1人の高齢者を支える」と予想されている。

LIAのパトリック・トロウ社長は、退職プランの新規契約増加が「老後への不安が退職年齢に近い親の世代だけではなく、その子どもの世代でも広がっていることを意味している」と分析。

高齢者を支えて行く若い世代も含め、「老後資金の重要性に対する理解が深まりつつある現状」が浮き彫りになっている点を指摘した。

保険産業の運用資産は前年比11%増 継続的な成長を期待