英国で「クラフトビール」、いわゆる「職人による手作りビール」の売上が市場の9%に達するなど、従来のビール会社を徐々に追い上げている。

AB InBev(アンハイザー・ブッシュ・インベブ)やカールスバーグなど、いち早くクラフトビールの流行を察知した大手酒類メーカーは、独立系メーカーの買収に乗り出している。

大手メーカーによるクラフトビール市場侵略に懸念

クラフトビール,カールスバーグ,AB InBe
(写真=Thinkstock/GettyImages)

ここ数年、英国で一気に市場を拡大した感の強いクラフトビール。ファイナンシャル・タイムズ紙の報道によると、2016年には週に10軒の割合でクラフトビール醸造所がオープン。1970年台には140軒だったクラフトビール醸造所が、現在は1700軒にまで増えているという (UHYハッカー・ヤング調査)。

クラフトビールは大量生産のビールよりもはるかに高価だ。醸造所が小規模であるほど、市場での希少価値が高まる傾向が強い。

独立系醸造所組合、ソサエティ・オブ・インデペンデント・ブルワリ ーに所属するエド・マーソン氏は、クラフトビール市場の展望にさらなる期待をいだいている反面、「大手メーカーによる買収が活発化するのではないか」との懸念も示している。

AB InBevは2015年、当時英国でクラフトビール産業のリーダー的存在だったカムデン・タウン・ブルワリー を8500万ポンド で買収。クラフトビールファンから大いに批判を買った(ガーディアン紙より)。

今年に入ってからはカールスバーグが、設立者の脱税容疑で経営難に陥っていたロンドン・フィールズ・ブルワリーを400万ポンドで買収 している(イブニング・スタンダード紙より)。

米国市場でもクラフト・ビールが2割に成長