海外旅行中、英国人の45%が「どこの国でも英語が通じると思っている」一方で、56%が「現地語の発音に自信がなく、レストランではメニューを指さして注文する」という。

国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルが、2000人の海外旅行に出かけた英国人を対象に実施した調査 から分かった。

こうした語学スキルあるいは学習意欲の欠落が、「英国の経済や文化成長にネガティブな影響を及ぼしている」と指摘されている。

3割の英国人が「外国語を話すのが怖い」

英語,語学,海外旅行
(写真=Thinkstock/GettyImages)

「世界の共通語」といわれる英語の中でも、「クイーンズ・イングリッシュ」を母国語とする英国人だが、母国語以外の語学に関してはかなり奥手のようだ。

80%が「現地語のフレーズをいくつか覚えるのは大切」と自覚しているが、実際に「常に少しは現地語で喋る努力をする」のは37%。29%が「怖すぎて試みるのも無理」答えている。

15%に至っては「現地語での会話を断固拒否するために、英語のメニューのあるレストラン(ファストフードなど)でしか食事をしない」というから驚きだ。地元の美味しい料理を食べる機会を、悉く逃していることになる。せっかくのホリデーの楽しみを半減させている気がする。

何とか英語で押し通そうという努力もなかなかのもので、42%が「ゆっくり、大きな声で英語で話しかける」そうだ。15%による「外国人のアクセントを真似て、英語を話す」という試みも、英国人らしさが滲み出ていて面白い。

日本語は英国にとって重要な言語のひとつ?