ドイツ中央銀行が米国とフランスに保有していた金塊5万本、総額279億ドル相当のフランクフルトへの移動を完了させた。移動計画は2013年に発表され、20年の完了を予定していた。

ドイツ政府は移動の理由を「国民の信頼回復のため」としているものの、政治的・通貨的危険性を懸念しての動きだと推測されている。

所有する金塊の過半数を自国に移動

金,政治情勢,政府
(写真=Thinkstock/Getty Images)

世界最大の金保有国の一つであるドイツは、米国と旧ソビエト連邦下で長期間にわたる冷戦が続く中、旧ソ連の侵入の懸念から国外の銀行に金塊を保管していた。

それ以来、ドイツの保有する金塊についての憶測 が絶えず世間を騒がせることとなる。中には「預けている金塊は密かに売却されている」との説もあった。

しかし13年に入り、ニューヨーク連邦準備銀行とフランス銀行から、674トンの金塊を20年までに自国に戻す計画に着手する。移動は予定よりも3年早く完了したことになる。

この国境を越えた金塊の大移動後、「フランクフルトには50%強、米国に36.6%、英国に12.8%を保管することになる」とCNBCは報じている。イングランド銀行が保管している金塊は、現時点では移動の対象となっていないようだ。

ドイツ中央銀行「回収された金塊は本物」

ドイツ政府は移動について「国民の信頼と自信回復のため」とコメントしているが(CNNより)、真相については固く口を閉ざしているという印象が強い。

「米国や欧州圏における政治的・通貨的危険性の高まりを恐れての動きではないか」との推測が、最も説得力があるのではないだろうか。

金塊の国外保管が政治的要素を帯び始めたのは、ドイツ連邦裁判所監査局が管理状況についての調査を依頼した12年頃だ。

各国の中央銀行との照会後、政府は金塊の安全性を保証するコメントを発表したものの、翌年にはフランクフルトから保管していた金塊の約半分を自国に移動させた。

自国に戻された金塊は1本づつ念入りにテストされ、本物であることが確認されたという。将来的にドイツが万が一経済難に見舞われるような事態が訪れれば、これらの大量の金塊がドルやポンドに交換されることとなるのだろう。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)