自分の夢や目標、やりたいことを実現するにあたって、何かとハードルになりやすい存在が「お金」ではないだろうか。では、お金の不安を払拭し、お金にコントロールされるのではなく、自分がお金をコントロールするためには何が必要なのだろう。

お金をコントロールするために必要な思考について、プライベートバンカーとして超富裕層ビジネスに携わり、『稼ぐ人が実践している お金のPDCA』(KADOKAWA)の著者でもあるZUU代表の冨田に話を聞いた。特集「資本家思考」の第1回目は、自分の稼ぎ力を高める働き方について。(聞き手:ZUU online 副編集長 押田裕太)

冨田 和成
神奈川県出身。一橋大学在学中にIT分野にて起業。2006年大学卒業後、野村證券株式会社に入社。本社の富裕層向けプライベートバンキング業務、ASEAN地域の経営戦略担当等に従事。2013年3月に野村證券を退職。同年4月に株式会社ZUUを設立し代表取締役に就任。

ワークライフバランスの逆転現象「お金で時間を買う」とは?

お金のPDCA,資本家思考
(画像=ZUU online 編集部)

――「お金で時間を買う」という選択肢が広がりつつあります。具体的に私たちの生活にはどのような変化があるのでしょうか?