NFTマーケットプレイス「Buynet(バイネット)」の提供を行うサンシェアは14日、SNSの拡散力を価値と位置づけ、株式の概念を取り入れたNFTデジタル会員権「My Stock」の販売を行うと発表した。

SNS,拡散
(画像=Shutterstock)
サンシェア
(画像=サンシェア)

ユーザーはこのNFTを購入することでインフルエンサーへの依頼権を得る。その後は、購入したNFTを所有する限り永久に無料で商品紹介等を依頼することができるという。

サンシェアはMy Stockを開始した背景として、これまでSNSの拡散⼒に価値を置いた権利の売却は困難であり、この点に着目したと説明。また、インフルエンサーのフォロワーやいいねが増えることにより、NFTデジタル会員権の資産価値も上昇傾向になると述べた。

インフルエンサー目線では、自身の拡散力を増やすことでNFTデジタル会員権の価値を高め、権利金収入を得ることが可能だと述べた。また、インフルエンサーがオリジナルの会員権を発行できる機能も備えているという。

現在、NFTデジタル会員権を用いた取り組みについて特許を出願中としている。

サンシェアは今年6月にBuynetのBETA版サービスを開始。フェラーリの乗車を半永久的に可能とするNFT会員権を販売した。

指定された距離および時間の範囲内であれば、毎月の維持費5,000円を除き使用料金等は一切発生しないとしている。

フェラーリの会員権についてはすでに第2弾の販売が終了し、第3弾の販売を開始している。

また、同月には有名人と身近に繋がることを可能にする新サービス「THE MENU(ザ メニュー)」も発表した。このサービスは料理好きのアーティストと共にメニューの企画開発から販売開始に至るまでのプロジェクトをNFTによって権利化し、販売したものだ。

第一弾として、現在モデル・女優として活躍する元AKB48(1期生)の大江 翔萌美(おおえ ともみ)さんの共同開発および売上インカム権を販売した。

なお、いずれのNFTもイーサリアムやテザー、日本円で支払うことが可能だ。(提供:月刊暗号資産