Inside A Japan Tobacco Inc. Cigarette Factory

(写真=Getty Images)

2月4日、JT <2914> は、本日開催した取締役会において、JT飲料製品の製造販売事業から撤退することを決議したことを発表した。具体的には、JT飲料事業部およびジェイティ飲料株式会社で行っているJT飲料製品の製造・販売を、2015年9月末を目途に終了することを予定している。

JTは、1988年に飲料事業に参入して以来、「ルーツ」や「桃の天然水」などを展開しており、2014年3月期には約500億円を売上げるなどしててきたが、同事業がJTグループの中長期的な成長に貢献していくことは困難であると判断し飲料製品の製造販売事業からの撤退に踏み切った。

飲料市場はすでに成熟しており、事業規模が優劣を決する構造にあることや商品ライフサイクルが短期化しており、積極的な販促活動と高品質・独自性を追求した商品を短期間で開発し続けることが不可欠になっている。

今後については、たばこ事業の競争力強化に資する投資を優先するとともに、医薬事業、加工食品事業などを中心に強化していくとのこと。

なお、JT飲料事業部の社員には配置転換、ジェイティ飲料株式会社の社員にはJTへの再雇用を基本として、本日以降、労働組合に協議申し入れを行う予定だ。

(ZUU online)

【関連記事】
ビットコイン取引所運営のMTGOXが親会社TIBANNEの破産を申請
巨艦イオンの終焉?業績不振打開への切り札はあるのか
年間52,596円の日経新聞が無料?ネット証券は『情報の宝庫』
2015年3月末の“長く持つほど得をする”株主優待銘柄6選!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法