三井物産
(写真=Thinkstock/Getty Images)

三井物産 <8031> は、中国の北京三源餐飲管理有限公司(以下「三源社」)の約 25% の持分を取得することを発表した。三源社は三井物産の出資参画にあたって、中国で企業・病院・学校等に向けた給食事業を展開する北京健力源餐飲管理有限公司(以下「健力源社」)が新たに設立した会社で、健力源社から全ての事業を継承する。

健力源社は中国青島市で創業、現在は北京市に本拠を置き中国北部・東北部を中心に、中部・内陸部へも事業を展開、主な顧客は中国国営・民営企業、外資系大手製造業といった地域優良企業で、病院、学校等に向けても給食サービスを提供している。三源社はこれら事業を全て継承する。

中国では、外資系企業の進出などで企業ニーズが多様化し、経営効率化等の観点からアウトソーシングサービスへのニーズが高まってきており、とりわけ給食サービスは市場の拡大が著しく、今後も福利厚生の充実等新たな企業ニーズの高まりを受け、成長を加速すると予想されている。

三井物産は、関係会社を通じて 38 年以上に亘り日本国内で給食事業を展開しており、順調に業容を拡大している。これまでの国内給食事業に続く新たな成長戦略として、新興国における給食事業を注力分野の一つと位置付け三源社に出資参画するもので、中国での給食事業の運営・管理ノウハウの蓄積を図ると共に、周辺分野での新たなサービス事業の創出を目指す。今後も、新たな新興国で地域パートナーとの給食事業の案件形成・出資参画を検討していく。

大手商社の中には原油の価格下落により、業績予想の下方修正を余儀なくされたケースもあった。非資源ビジネスを拡大し、資源市況に左右されない事業運営を模索する。

(ZUU online)

【関連記事】
収益化はまだまだ道半ば―再生医療のセルシードの昨年決算は約6億円の赤字
日本も対岸の火事?スイスショックで米国にレバレッジ規制の動き
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
米国と国内REITを比較 投資家がJ-REITを選ぶ理由
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法