ミドリムシ

(写真=Thinkstock/Getty Images)

ミドリムシ(ユーグレナ)の事業化を図るベンチャー事業として注目を集めてきたユーグレナ <2931> は2月23日、米エネルギー大手・シェブロンの子会社からの航空機向けの燃料製造プラントの技術を取得すると発表した。ユーグレナ由来のジェット燃料を製造し、ミドリムシで飛ぶ飛行機の実現に、また一歩近づく動きだと言えそうだ。

今回、ユーグレナは、航空機向けのバイオ燃料の精製プラントの建設に向けて、シェブロンのグループ会社からもたらされる技術をいかし、施設の設計や建設を進める公算だ。ほかにも同社は、シェブロン子会社からのバイオ燃料生成施設の建設に必応な技術ライセンスの供与や、設備の基本設計と触媒の提供も、米国の研究開発・エンジニアリング企業であるARA社から受ける予定。

同社公表の資料によれば、かねてからユーグレナ事業の目標の一つとして進められてきたバイオ燃料精製と実用化に向けて、「今回の基本合意は当社が目標としているバイオジェット燃料事業の実現性を高める」ものだとの認識が示されている。

ユーグレナのミドリムシ事業は、ジェット燃料への応用だけではなく、ミドリムシから得られる成分を応用したインスタントみそ汁やお菓子、2月に新製品としてフェイスマスクもラインナップに加わった化粧品ブランド「B.C.A.D.」を展開している。新しい取り組みを開始するのか、引き続き注目が集まりそうだ。

(ZUU online)

【関連記事】
不動産投資を始めるなら最低限知っておきたい3つのポイント
電力・ガスの完全自由化で競争激化 公共料金に選択肢余地あり?
日経新聞を含む過去1年分の新聞記事が全て閲覧可?ネット証券は『情報の宝庫』
2015年3月末の“長く持つほど得をする”株主優待銘柄6選!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法