データセンター
(写真=Thinkstock/Getty Images)

3月3日、日本電信電話 <9432> の傘下であるNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、ドイツのデータセンター事業者であるイーシェルターの株式の 86.7% を取得することを発表した。

NTT Comグループは、欧州大陸で提供可能な高品質データセンターのサーバールーム面積を大幅に拡大し、欧州を含むグローバルシームレスなクラウド・データセンターサービスへの旺盛な需要への対応力を強化する。また、イーシェルターは、NTT Com グループ各社と連携することにより、新たにアジアや北米などへカバレッジを拡げることになるほか、NTT Comが提供するネットワークやクラウド基盤を活用することで、顧客のグローバル展開のニーズに対応が可能となり、欧州大陸における競争力を強化する。

欧州におけるデータセンターの需要は堅調で、その市場規模は年平均約9%の勢いで拡大すると予想されている。現在NTT Comは、グループ会社であるジャイロンを通じてイギリス国内を中心に大規模なデータセンターの展開を進める。一方欧州大陸においては旺盛な需要へ対応できる十分な規模のデータセンター設備を保有していなかった。

イーシェルターは、ドイツを中心に欧州大陸にサーバールーム面積合計約7万2500㎡のデータセンターを保有する、ドイツ最大手のデータセンター事業者だ。同社は、大規模な土地・建物を所有し、異なる変電所から冗長構成で引き込んだ120MWクラスの大規模変電設備を敷地内で運用することで、拡張性・柔軟性に優れたコロケーションサービスを実現するなど、そのビジネススキームも優れている。

今回の株式取得により、NTT Comグループの欧州におけるデータセンターのサーバールーム面積は、4都市約1万9500㎡から9都市約9万2000㎡へと大幅に拡大、これによりNTT Comは欧州で第3位規模のデータセンター提供能力を有することになる。

(ZUU online)

【関連記事】
日本でも本格化する“プライベートバンク” の存在 普通の金融機関と何が違うの?
国内富裕層はなぜハワイのコンドミニアムを購入するのか?その理由に迫る!
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
SIMロック解除は「IoT」競争への号砲 動き出す通信キャリア
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株をa上場前に買う2つの方法