牛丼
(写真=Thinkstock/Getty Images)

『すき家』のゼンショー <7550> は3月17日、約24億円の経常赤字としていたところを、一転して約24億円の経常黒字に修正する業績見通しの上方修正を発表した。協業他社も苦戦するファストフード分野でも、まだまだ一部ではあるものの、明るい将来像が示され始めた格好だ。

発表によれば、2015年3月期の売上予測を微増させ5113億円(前回比0.4%増)とした上で、営業利益も前回の18億円の赤字から27億円の黒字に転換。併せて、経常利益も24億円の赤字から24億円の黒字にそれぞれ修正された。なお、当期純利益は103億円の赤字となっており、前回発表から28億円悪化している。

同社は、昨年11月10日に「すき家」での深夜の時間帯に、たった1人の従業員で営業しなければならなかった店舗の深夜営業を中止したことによる業績の悪化を理由に、業績を下方修正させていた。今回の修正は、その深夜営業店舗の営業再開が前回の想定を上回った事による売上高・営業利益・経常利益の増加によるものだ。

一方、純利益については、同社の米国子会社Zensho America Corporationが所有するCatalina Restaurantの株式譲渡による特別損失146億円が計上されたために前回発表を下回った。こ北米において経営していたファミリーレストラン『ココス』『キャローズ』の業績が改善できない見込みとなったため売却を決断したもので、同社はテキサス州のAlamo CRG LLCに譲渡する見通しだ。

同社は16日に春闘の労使交渉の結果、2000円のベースアップをすると発表したばかりだ。昨年問題となった労働環境の改善を急いでいるものの、最高益を記録した13年の51億円からは2期連続で落ち込んでいる状況であり更なる経営内容の改善が望まれる厳しい状況に直面している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
本当に無料?待望のMac版株取引ツールが凄い
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?あの会員制データベースに自由にアクセスする方法
大型統合で日本の造船業復活か?猛追受ける韓国は苦境に
「フラット35」11ヵ月ぶり金利引き上げ 意外な時限爆弾はREIT?
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法