富裕層
(写真=Thinkstock/Getty Images)

アメリカの経済誌「フォーブス」が発表した2015年版世界長者番付によると、マイクロソフトの創設者であるビル・ゲイツ氏が、792億ドルで2年連続首位の座を守った。原油安やユーロ安が進み、景気を刺激するべく日米欧が金融緩和にまい進するなど、世界経済には不安要素も漂うが、資産10億ドル以上の億万長者は昨年から181人増え1,826人となった。今回はこのランキングのトップ20を中心にみていくことにする。

20位 セルゲイ・ブリン (米) 292億ドル

19位のラリー・ペイジとともにGoogleの共同創設者。発売が頓挫してしまった「Google グラス」やスマート・コンタクトレンズなどリスクの高い商品開発の運営を担っている。2013年に27歳同社幹部女性との不倫が取り沙汰されたことが原因で、ペイジとの間に亀裂が生じたとされている。

19位 ラリー・ペイジ (米) 297億ドル

オンライン検索における世界シェア65%を誇るGoogleのCEO。2014年は、スマートサーモスタットを手がけるNestやWifi対応の家庭用監視カメラを販売するDropcamを、それぞれ32億ドル、5億5,500万ドルで買収した。

18位 シェルドン・アデルソン (米) 314億ドル

ラスベガス・サンズの会長兼CEOを務めており、別名「カジノ王」。世界最大のカジノ市場の一つであるマカオで、数年続いたカジノブームが去り、2014年は苦戦したため資産額を減らすこととなった。

17位 李嘉誠 (香港) 333億ドル

1979年に、ハチソン・ワンポア・リミテッドの株22%を取得し、同社の会長に就任した。1980年には自身の慈善基金を設立するなど、慈善家としても有名で、最近ではついにアジアで最も裕福なビジネスパーソンの一人として数えられるまでとなった。

16位 マーク・ザッカーバーグ (米) 334億ドル

SNSサイトフェイスブックを友人たちと創設し、CEOの座に就く。世界中でユーザーは14億人に上り、2014年の同社収益は、モバイル広告が寄与したこともあって、58%増加し、なんと125億ドルまで達した。

15位 ジェフ・ベゾス (米) 348億ドル

1994年にアマゾンを創設後、CEOとして会社の拡大に努めてきた。同社の株式18%をまだ所有しているが、アマゾンブランドへの顧客ロイヤリティーを今以上に高めるであろうと信じる新規事業への投資は惜しまない。2014年のスマートフォン事業への参入は振るわなかったが、2015年オリジナルテレビシリーズでゴールデン・グローブ賞を獲得したことを契機に、アマゾンは映画業界へ参入する準備を進めている。

14位 マイケル・ブルームバーグ (米) 355億ドル

2013年まで任期を務めた前ニューヨーク市長であり、金融経済情報を配信する大手通信会社ブルームバーグの創設者の一人でもある。2014年度は、90億ドルの収益を上げた同社の88%の株を保有しており、2015年度はブルームバーグ社の経営に戻ると明言したことで注目を集めたことが記憶に新しい。

13位 ベルナール・アルノー (フランス) 372億ドル

高級ブランドを代表するルイ・ヴィトンやフェンディ、ブルガリなど計60にも及ぶブランドを傘下に持つLVMH社にて、1989年就任以降、25年以上もの間CEOを務めている。「ファッション界の帝王」と呼ばれており、流行を作り出す世界的なトレンドメーカーの一人でもある。

12位 サミュエル・ロブソン・ウォルトン (米) 391億ドル

ウォルマート創業者の長男で、ウォルマート取締役会の会長を務めており、ウォルマートとは別に、自身で運営するベンチャー企業は、6億ドル近くに相当するハイアットホテルズの株式も保有している。父親が他界しウォルマートに入るまでは、オクラホマ州に拠点を置く法律事務所の共同経営者だった。

11位 アリス・ウォルトン (米) 394億ドル

ウォルマート創業者の娘。美術をこよなく愛し、故郷での美術館オープンを手がけたり、自身で収集した貴重なコレクションの一部を美術館に寄付をするといった顔を持つ一方、政治活動においても支援を行っており、そのほとんどは共和党へ向けられているようだ。