ソフトウエア管理
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ソフトウエアのテスト事業を手がけるSHIFT <3697> と、ソーシャルゲーム開発会社のオルトプラス <3672> は4月6日、両社で合弁契約を締結し「SHIFT PLUS」を設立した、と発表した。同日、SHIFT PLUSの設立場所となる高知県と高知市から事業認定の許可が出たことを受けて発表した。

発表資料によると、SHIFT PLUSはソーシャルゲームなどの運営・テスト事業、企画・開発など関連事業に取り組む。従来のゲームタイトル運用では切り分けられていたカスタマーサポート業務とテスト業務を、ワンストップで提供する新たな運用サービスの確率を目指す。

また、「まんが甲子園」や「ソーシャルゲーム企画コンテスト」の開催などを通じて、高知県で「優秀なコンテンツ系の人材が育っている」とし、優秀な人材を積極的に雇用する考え。さらに将来的には、東南アジアへの進出ハブ拠点としての機能をもちながら、アジアにおけるゲームタイトル運用の受け皿となることを目指すという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
【週間為替展望】米雇用統計の悪化による利上げ時期後退観測で円高へ
戦後の「預金封鎖」が今、再び!?噂される預金封鎖の可能性にせまる
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
日本のガラパゴス小売業は『Apple Pay』の導入を拒む?
結局どうなる?話題沸騰のグノシー上場株の買い方 Gunosy(6047)のIPO株は買いか?