商品券から寄付金まで、バリエーション豊かな株主優待

もうひとつ個人投資家に馴染みのある株主還元策に株主優待がある。実施について法的な義務はないものの、1100社以上の上場企業が何らかの優待制度を設けており、これを楽しみに株式投資を行っている個人投資家も多い。
優待の中身は実に多彩だ。

2-2

2-3
食品会社や日用品会社なら自社製品の詰め合わせ、航空会社や鉄道会社なら運賃の割引券、百貨店や飲食業なら買い物券や食事券、地方所在の会社なら地元の名産品などが人気の優待品だが、一般消費者を顧客としない素材メーカーなどでも汎用的な金券、商品券を優待品とするケースが多くみられる。また最近では、優待額相当を社会貢献事業に寄付できるようにした新たな優待制度も登場し、株主から一定の評価を得ているようだ。

こうした株主優待の人気に伴い、優待内容を拡充させる企業や、保有期間によって優待内容が優遇される長期保有優遇を導入する企業も増えている。

(提供: 野村インベスター・リレーションズ

【関連記事】
徹底研究 注目の優待企業
株主優待 人気ランキング50
今すぐチェック 今月の割当基準日
いまさら聞けない!?優待Q&A
トップインタビュー