dv738024 (写真=Thinkstock/Getty Images)

丸紅 <8002> はミャンマー中心部のヤンゴン管区でガス火力発電所を建設する。5月28日に、ミャンマーの電力省と事業化調査の開始について合意したことを発表した。タイ国営石油ガス会社PTT社の発電事業子会社とミャンマー企業とでコンソーシアムをつくり進めていく。

ミャンマー中心部のヤンゴン管区タンリン地区に建設し、同管区を中心としたミャンマー国内に安定的に電力供給を行う。発電容量は約400メガワットで、ミャンマーでのガス火力発電所としては最大規模になるという。

発表資料によると、ミャンマーでは急速な経済成長で、電力需給が逼迫している。丸紅は同国で水力・火力発電所の建設実績があり、同国南部では石炭火力発電所の建設計画も進めている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
トヨタとマツダの提携で見える国内自動車メーカーの「合従連衡」
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
4月の小売販売額は前年同月比5.0%増、経産省
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法