ドル
【Sponsored】 (写真=Thinkstock/Getty Images)


さらなる円安進行で年末までに100万円稼げる!?

今年の世界経済の最大の関心事といえるのが「アメリカの利上げ」についてだ。いよいよ利上げとなれば為替相場にも短期的、長期的に大きな影響を与える。現状でも円安基調が続いているが、これがさらに跳ね上がる可能性も大。このチャンスはぜひモノにしたい。

どこまで円安が進むかについては様々な意見があるが、ゴールドマンサックスは2015年末に1ドル=130円、17年末時点で140円になるという見通しを発表している。また、アナリストによっては2、3年後には150円超えになるという予測する声もある。ゴールドマンサックスの見通しが正しいとすると、FXで1米ドル120円で10万通貨の買いポジションを建てていれれば、年末までに100万円儲けられるチャンスがあるということだ。これは見逃せない。

とはいえトレードのタイミングをはかるのは難しいところだ。利上げの開始時期についても様々な憶測が飛び交う。FOMCは今年3月の会合で、最短で6月に利上げに踏み切る可能性を示唆したが、4月に行われた会合では利上げ時期に関するコメントはなく、いつ実施されるかは非常に読みにくい状況だ。

現状では9月に決定されると予測するエコノミスト、アナリストが多いものの、もっと先延ばしされるという意見もある。つまり、どう転ぶかわからないということだ。また、市場は思惑で動くので「いよいよ決定か」というムードが高まってきたら利上げ発表前に先行して大きく動く可能性もある。その一方、利上げ発表前にいったん調整が入る可能性も否定できない。

「FXでチャンスを狙いたいけど、いつ、どのように仕掛ければいいのかわからない」という人も多いのではないだろうか。


シストレなら相場の波もスイスイ渡れる

そこで活用したいのがシステムトレード(シストレ)だ。トレードのタイミングをすべて自分ではかる裁量トレードでは、損切りができずにズルズルと損失を膨らませてしまったり、十分に利益が乗らないうちに決済してしまったりしがちだ。

一方、シストレならストラテジーが自動的に取引を行ってくれる。感情に惑わされることなく、エントリーから決済、損切りまであらかじめ組み込まれたルールどおりに実行できるので、先が読めない相場の動きに翻弄されにくい。パソコンの前に張り付いていなくてもよいので、忙しい人でも時間を有効に活用することができる。

しかも最近は「選択型FX自動売買ツール」などと呼ばれるツールが充実している。これを使えば自分でプログラムを作る必要もなく、あらかじめ搭載されたストラテジーを選ぶだけですぐにシストレをスタートできる。

「選択型FX自動売買ツール」の代表格といえるインヴァスト証券の「シストレ24」の場合、ストラテジーを提供しているのは、物理学者、元外資系ファンドマネージャー、専業トレーダー集団など。世界中のプロが開発した膨大な数のストラテジーが搭載されており、口座を開設していれば自由に使うことができる。

市販のストラテジーを購入して自力でシストレを行う場合は数万円から数十万円の初期費用が必要となるが、「シストレ24」を利用すれば初期費用0円で余計なコストをかけずに本格的なシストレを行える。


ビギナーでもプロ並みの利益獲得が可能

その実力を見てみよう。「シストレ24」の3ヶ月のランキングを検証すると「Genius_Alpha」というストラテジーは推奨証拠金29万8000円で実現損益約45万円を稼ぎ出している。「Geronimon」は推奨証拠金24万5000円で実現損益約45万円と証拠金の倍近い利益を獲得している(2015年6月1日現在)。

しかもこの2つのストラテジーは、シストレ24にしか搭載されていないオリジナルストラテジーでもある。裁量トレードでこれだけの利益を挙げるには、かなりトレードに習熟していないと難しいだろう。シストレなら、チャート分析など全くできないビギナーであったとしても、このストラテジーを選んでいればこれだけの金額を稼ぐことができるのだ。

自動売買というと難しいイメージがあるかもしれないが、「シストレ24」では好きなストラテジーを選ぶだけ。それで資金が倍になるのだとしたら夢のような話だ。大きなテーマがある時は、相場も大きく動きやすい。シストレという強力な武器を味方につけて利益をしっかりモノにしたい。

>>シストレ24についてもっと詳しく知りたいならこちら