携帯電話
(写真=Thinkstock/Getty Images)

矢野経済研究所は6月23日、携帯電話の世界市場に関する調査結果を発表した。世界市場での第四世代携帯電話サービス(4G)契約数は2015年に10億1300万契約の見込みで、中でも14年に商用サービスが開始された中国市場での伸びが顕著となるという。

調査は14年6月から15年5月に、通信事業者やスマートフォンメーカーなどを対象に、ヒアリングや文献調査などで実施した。4Gは国際電気通信連合で規定されているLTE-Advancedなどを対象とした。

発表資料によると、世界の携帯電話サービス契約数は2014年で約74億9487万契約となり、世界人口に対する携帯電話の普及率は103.5%になるとした。2020年には87億6924万契約と予測している。

2015年の世界のハンドセット(フィーチャーフォンとスマートフォン)の出荷台数は18億8124万台を見込む。そのうち、フィーチャーフォン出荷台数は4億3713万台、スマートフォンが14億4411万台で、ハンドセット全体での出荷台数は前年とほぼ同水準となるという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
経営再建中のシャープ、株主総会で全議案を承認 社長は謝罪
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
日経平均は大幅続伸、381円高の2万809円 15年ぶり高値水準
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る