シャープ (写真=Getty Images)

経営再建中のシャープ <6753> は6月23日、大阪市内で株主総会を開き、資本金の大幅減額などを経営立て直しに向けた再建策や役員選任など計6議案が承認された。

高橋興三社長は冒頭、2015年3月期の決算が大幅な赤字になったことについて「株主の期待に応じられず誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げる」と謝罪した。

株主総会では主力事業のディスプレイデバイスの戦略や固定費削減のための人員削減などについて説明があった。株主からは高橋社長の退任を求める意見も出たほか、減資についての質問などが出た。

株主の開催時間は3時間を超え、過去最長を更新した。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
「シニア起業」支援で社会を変える、若き女性経営者の想いとは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
14年度のスマートデバイス出荷台数は過去最高の3,683万台―ICT総研
時価総額1兆超の上場株は買いか?日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のIPO に迫る