液化天然ガス
(写真=Thinkstock/Getty Images)

三菱重工業 <7011> は29日、インド国営石油会社(IOCL)から、LNG(液化天然ガス)貯蔵タンク2基の建設プロジェクトを受注したと発表した。7月に着工し、完工は2018年春の予定。

今回受注したのは、容量18万立方メートルの大規模LNG貯蔵タンク2基。IOCLがベンガル湾に面した“南インドの玄関口”チェンナイの北約25キロのエンノール港近郊に建設するLNG受け入れ基地に設置される。

IOCLは石油の精製・輸送・販売のほか、石油化学製品の製造なども手掛ける国営企業。インド国内での石油精製の31%、石油製品販売の49%を占めている。

三菱重工業はLNGの受け入れ基地、貯蔵タンク、LNG運搬船などで実績があるが、インド向けLNG貯蔵タンクを受注するのは今回が初めて。

(ZUU online 編集部)

【関連記事】
個人金融資産、初の1700兆円超えで過去最高更新
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
米国景気回復による輸出増加が焦点、2015年の生産動向―SG証券チーフエコノミスト・会田氏
NTTの上場を超えるか?ゆうちょ銀行、かんぽ生命、日本郵政の上場に迫る