製鉄プラント
(写真=Thinkstock/Getty Images)

三菱商事 <8058> は5日、インド最大手の建設会社Larsen&Toubro社とともに、インド国営製鉄会社SAIL社から製鉄プラントを受注したと発表した。受注総額は約500億円で、2018年初旬の生産開始を計画している。

今回受注したのは、製鋼された鋼片(スラブ)を鋼板に加工する熱間圧延設備で、生産能力は年産300万トン。インド東部オディッシャ州のルールケラー製鉄所に納入する。

インドでプラントの設計・製造から据え付け、試運転までの全業務を請け負うフルターンキー契約を結ぶのは初めて。三菱商事は契約全体の取りまとめを担当、三菱日立製鉄機械と独シーメンスの合弁会社プライメタルズ・テクノロジーズが技術とりまとめと機械設備の設計・供給を、日立製作所 <6501> が電気設備の設計・供給を担当する。

三菱商事では、今回の受注を機にインド市場に積極的に取り組み、継続受注を目指す。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
過去最大級の時価総額10兆円超?日本郵政3社の上場(IPO)に迫る