特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
ニュース
Written by ZUU online編集部 1,354記事

ヤマト運輸、LINEモールとシステム連携で配送サービス

ヤマト運輸ライン
(写真=プレスリリースより)

 ヤマトホールディングス <9064> 傘下のヤマト運輸は25日、LINE(ライン)が運営するフリーマーケットアプリ「LINE MALL」とシステム連携を開始したと発表した。Lアプリ内の手続きだけで、割安な配送サービスを提供する。

 LINEモールでの出品から配送手配に「宅急便コンパクト」と「ネコポス」を利用できるようにする。宅急便コンパクトは、小さめの荷物を専用の送り状や「専用BOX・専用薄型BOX」で宅急便60サイズより安く送ることができるサービスで、「宅急便時間帯お届けサービス」や「宅急便店頭受取りサービス」など宅急便の基本サービスに対応している。ネコポスは小さな荷物をポストに投函する法人・個人事業者向けのサービスで、LINEモールでは個人でも利用できるようにした。

 料金は宅急便コンパクトが380円(税込)で、ネコポスが195円(同)。宅急便コンパクトの場合は送料とは別に専用BOX代金65円がかかる。配送料金の一部をLINEが負担することで、割安な料金で提供できるという。

 ヤマト運輸は今後、段階的に発送窓口を拡大し、コンビニエンスストアなどでの送り状発行と発送の受け付けにも対応していく予定という。住所などの個人情報を開示せずに荷物が送れる匿名配送サービスなども提供予定としている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ベッカムがジョーダン超え?世界で最も収入が多い「引退したスポーツ選手」ベスト10
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】

ヤマト運輸、LINEモールとシステム連携で配送サービス
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 7月の外食売上高は前年比1.9%増、2カ月ぶり増加 ファミレス...
NEXT 25日の香港市場概況:ハンセン指数は8日ぶりに反発、上下に振...