訴訟
(写真=Thinkstock/Getty Images)

スクウェア・エニックス・ホールディングス <9684> は8月26日、子会社のスクウェア・エニックスが出版する漫画「ハイスコアガール」をめぐる訴訟で、スクウェア・エニックスとSNKプレイモアが和解したと発表した。

発表によると、各社のコンテンツを利用した新たな協業機会の創出を可能にするため、訴訟を早期に解決すべきとの合意に至り、今年8月24日付けで和解が成立。SNKプレイモアが刑事告訴を取り消すとともに、同社とスクウェア・エニックスがそれぞれ民事訴訟を取り下げ、漫画「ハイスコアガール」の出版と販売を継続することで和解した。

SNKプレイモアは昨年5月、同社のゲームキャラクターを無断で漫画に使用し著作権を侵害しているとして、スクウェア・エニックスを大阪府警察に刑事告訴。これを受けてスクウェア・エニックス側が同年10月に著作権を侵害していないとする民事訴訟を大阪地裁に提訴するなどしていた。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
7月企業向けサービス価格指数、前年比0.6%増
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】