教育
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ソニー <6758> の教育事業子会社のソニー・グローバルエデュケーションは31日、世界最大規模の教育向けSNSを展開する米企業エドモドと、業務提携に向け協議することで基本合意したと発表した。

発表によると、エドモドは2008年に創業。現在、欧米を中心に全世界5300万人以上の教師と生徒が利用する教育向けSNSを提供している。生徒間や教師間、生徒の親などのコミュニーケションを管理したり、教師から生徒にクイズや課題などを配信したりできるシステムとなっている。

ソニー・グローバルエデュケーションは日本の算数教材を利用したネット上での算数大会「世界算数」を開催しており、今後、業務提携を通じて、両社は世界算数の普及に向けたマーケティング施策や、算数コンテスト事業の強化を図る。

また、日本語と英語による新たな教育コンテンツサービスの展開を検討するとともに、普及、拡大にもつとめるとしている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
7月の鉱工業生産、2カ月ぶり低下
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】