世界のファッションをけん引するトップ 500人を選ぶ、英国Business of Fashion(ビジネス・オブ・ファッション)の「BoF500」が発表され、日本人も17組選出された。

以下、ランクインされた中から10人ほど注目の人材を紹介するが、このほかにも「Instagram」の創設者、ケヴィン・シストロム氏や『VOGUE JAPAN』の編集長の渡辺美津子氏ら、誰もが知るファッションアイコンが多数、名を連ねている。


アナ・ウインター 女性ファッション誌編集長の代表的存在

anna_wintour

(写真=Getty Images)

映画「プラダを着た悪魔」でメリル・ストリープ演じた雑誌『ランウェイ」編集長のモデルとも言われている。その冷静で客観的な仕事ぶりから“鬼編集長”と称されるされるが、ファッション・トレンドに対する鋭い視点や、若いデザイナーの発掘という先見性では世界中から賞賛を得ている。 1990年からは、ニューヨーク・コレクションの企画にも参加。エイズ患者、感染者支援のチャリティを積極的に推進しているなど社会貢献にも活動的だ。

2008年、長年のファッション界への貢献が評価され、大英帝国勲章(OBE)を授与されている。


フィービー・ファイロ セリーヌのクリエイティブ・ディレクターから華麗な転身

pp

(写真=CÉLINE HPより)

学生時代から付き合いのあった英ファッションデザイナーのステラ・マッカートニーが「フィービーも一緒に入社させてもらえるか」と頼んだことがきっかけでクロエに入社した。

ファイロは、ステラ・マッカートニーとともに可愛らしいキャミソール、プリントの Tシャツなどを打ち出し、クロエのイメージを若々しいもものに変えた。これが功を奏してクロエの売上は大幅アップ。就任前の約5倍にまで跳ね上がったという。


マドモアゼル・ユリア 彗星のごとく登場したマルチ・アーティスト

東京を拠点に活躍する新世代女性 DJ。A BATHING APEを創業したNIGOがDJを務めたヒップホップグループ「TERIYAKI  BOYZ」、テイ・トウワなどのアルバムに参加するなどの活躍をみせ、今や世界を舞台に活動している。

今では DJだけでなくデザイナーとしてもその力を発揮している。2011年にはシングル「GIMME GIMME」を世界21カ国で同時配信した。クラブシーンでは今もっとも注目されているといっても過言ではない。


吉田 瑞代 有名ブランド広告 PRの立役者

数々のブランドの PRを一手に引き受ける「アタッシェ・ドゥ・プレス」という職業がある。そのなかでも日本で最も知られた存在である「ステディ スタディ』の代表を務める。 2000年に同社を設立し、クロエやエミリオ・プッチなどをはじめとするブランドの PR業務などを手がけてきた。

2005年には、ファッションにとどまらず様々なジャンルのイベントの企画制作を行う「モデスティ・ミラクル」も設立している。


阿部 千登勢  sacaiを通してニュースタンダードを生み出したディレクター

もともとはコム・デ・ギャルソンのパタンナーだった阿部によって1999年に設立された新しいブランドでありながら、今ではかのカールラガーフェルド、アナ・ウインターなども支持するのが「sacai」(サカイ)。

今でも阿部がクリエイティブ・ディレクターを務め、最近はメンズコレクションをスタートさせるなど人気はうなぎ登り香港やミラノをはじめとする日本を除く15カ国以上で顧客を獲得、90カ国以上の国・地域と取引するまでになった。