半導体
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ソニー <6758> は6日、イメージセンサーを主力とする半導体事業について分社化し、「ソニーセミコンダクタソリューションズ」を11月に設立すると発表した。2016年4月の営業開始を目指す。

ソニーは中期経営計画で、株主視点に立った結果責任の明確化と持続的な利益創出、事業競争力の強化などを目標に分社化を進める方針を示している。

今回、イメージセンサーが主力の半導体事業で、研究開発や事業管理、営業部門などを現在のソニー本体から移管することにした。

新会社「ソニーセミコンダクタソリューションズ」の社長には、ソニーのデバイスソリューション事業本部の清水照士副本部長が就任する予定。また、半導体製造を手がけるソニーセミコンダクタや設計事業のソニーLSIデザインは新会社の子会社となる予定。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・トヨタが6位に浮上、サムスン電子上回る グローバルブランド評価で
・11月4日上場へ!日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の上場を徹底解剖
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・証券業界に革命?「独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)」に注目が集まる理由