Dice rolling over stock listings
(写真=Thinkstock/Getty Images)

「売るべし、買うべし、休むべし」という言葉がある。株式投資は売ったり、買ったりするだけではなく、休むことも大切だと説く相場格言である。冷静に投資を続けるには、判断力を高めるために休むことも必要だという意味だ。

人間誰しも、欲からは逃れられない。投資家ならなおさらである。損をすれば取り返そうとして、利益をあげればもっと稼ごうとして、ついつい深追いして傷を負う。特に、相場が高値圏で推移している局面では、株を買って儲けた気になっている市場参加者で埋め尽くされている。逃げ遅れれば負う傷も大きくなる。


転機は後から振り返ってみて分かる

相場に訪れる転機というものは、後から振り返ってみて分かるものだ。しかし、転機が訪れた時、敏感な投資家は株を売って現金に換える。何かを感じとれない投資家は、下落局面で株を売る踏ん切りがつかなくなり、取り残され含み損を抱える。

日経平均株価などの株価指数であれ、個別銘柄であれ、上昇や下落のトレンドが明確に出る時と、方向感なく、同じような株価水準でもみあいとなる時がある。投資家が儲けたいと考え、それまでの取引で稼げた銘柄を買い増したとしても、相場のトレンドが変わってしまえば儲けは出なくなる。トレンドが上昇から下落に一変すれば、持ち高を膨らませているだけに、それまで稼いだ儲けも簡単に吹き飛んでしまう。

失った儲けを取り戻そうとして悪戦苦闘するよりも、いったん取引を手じまい、景気や海外情勢の様子を見て、今後の株価動向を自分なりに予想し、新たな戦略を練る方が得策だ。