鋼球
(写真=Thinkstock/Getty Images)

東京証券取引所は12日、ベアリング用鋼球やボールネジなどを手掛けるツバキ・ナカシマ <6464> の上場を承認した。市場区分は未定。上場日は12月16日。

ツバキ・ナカシマの発表資料によると、同社は2007年5月に株を非公開化。株主資本効率の改善など経営の合理化を行い、11年3月からは米ファンドのカーライル・グループが株を保有している。

同社は新素材セラミック球を開発し、量産体制を構築するなど事業の拡大を図ってきた。国内のほか、米国や中国など6カ国に生産拠点を持ち、中国、欧州、アジア地域を中心に、海外展開を強化してきた。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・ドコモとマクドナルドが業務提携、ポイント付与や割引など
・「世界MBAランキング」国内1位 東大や京大、慶應ではなく新潟のあの大学
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・世界が認めた日本車!「最も価値の高い自動車ブランド ベスト10」頂点に輝いたのはあの日本ブランド?