オフィス
(写真=Thinkstock/Getty Images)

米金融業界紙アメリカン・バンカーが「長期的なスタンスで、現実の問題解決に役立つ革命的テクノロジーを提供している企業」を評価基準に、今最もアツいFinTech(フィンテック)企業20を厳選している。


Ripple(リップル)-米国

旧リップルラボ株式会社。ビットコインと比較されることの多い仮想通貨「リップル」の生みの親。米連邦準備制度理事(FRB)が即時決済サービスに乗り出せば、価値感が高騰するだろう。


IdentityMind Global(アイデンティティマインド・グローバル)-米国

不正防止対策、トランザクション・モニタリング、AML/KYCツール、サンクション・スクリーニングなどのセキュリティー・サービスを提供。大手金融機関が高リスク要素の徹底排除に乗り出した今、大ブレイクが期待される。


Trunomi(トゥルーノミ)-バミューダ

欧州VISA主催の「スタートアップ・コンペティション2015」の優勝者。個人情報セキュリティーに重点を置いた、金融機関向けの顧客情報確認およびデータシェアリングの提供は、今後需要が高まるはずだ。


Feedzai(フィードザイ)-米国

マーチャント、カード、銀行などのトランザクション・データを分析することで、eコマースの不正決済を防止。決済カードのEMV 化にともない不正行為対策が強化される米国では、必須サービスの1つとなるだろう。


Fenergo(フェナーゴ)-アイルランド

AML/KYCなどを利用した顧客データ管理サービス会社。目まぐるしく変化する規制要請の対応に苦戦している銀行にとって、渡りに船のサービスだ。


Gro Solutions (グロ・ソリューションズ)-米国

「オンラインやモバイルからの銀行口座開設は面倒臭い」という消費者の声に応え、GPSデータシステムによる簡単ナビゲーションで、銀行の顧客獲得に貢献。


nCino(エヌシノ)-米国

銀行のローン申請手続きを簡潔化するクラウド・ベースのセールスフォース・ホスト・システムを販売。顧客獲得競争が激化している商業融資業界で、銀行が「低金利」に対抗する手段として重宝がられている。フォーブス誌の「2015年最も期待できる企業」のトップ100にもランクイン。


Moneythink(マネーシンク)-米

FinTechでは見落とされがちな十代から24歳までの若い世代を対象に、金融関連のオンライン教育をおこなっている。


InAuth(インオース)-米

モバイル・デバイス認識、トランザクション分析、リスク評価などのサービスを提供している米大手銀行お抱え企業。多面的なアプローチを用いて、不深刻化しているセキュリティー問題に対処するプロ中のプロだ。


Intellaegis(インテラジス)-米国

即時にデータ収集が可能なリアルタイム・インターフェイスを提供。バンク・オブ・アメリカやBBVAコンパス・スタジアム、フォード、ハーレー・ダビッドソンなどを世界大手企業を顧客に持つ。


Iovation(アイオベーション)-米

デバイス認識や認証システムを組み合わせ、顧客の信用度を評価するサービスで、銀行の不正防止対策に欠かせない存在に。


Mambu(マンブ)-米

世界30カ国でクラウドベースのバンキング・ソフトウェアを提供。デジタル・チャンネルを通して市場開拓にチャレンジしているマイクロ・ファイナンスや銀行に人気だ。銀行アプリにありがちな「スマホとの相性の悪さ」も解決している。


Untapt(アンタプト)-米

銀行などの金融機関にソフトウェア開発者を斡旋する「ファイナンシャル・テクノロジー紹介所」。優秀なソフトウェア開発者の発掘に苦戦している銀行にとっては有難いサービスだろう。


Gigaspaces Technologies(ギガスペーシス・テクノロジーズ)

ミッション・クリティカル・アプリケーションの開発や管理用のミドルウェアを提供。‎スウェーデンのネット銀行、アバンザ・バンクなどが顧客。


Leadfusion(リードフュージョン)-米国

共有画面を利用して顧客へ直接セールス・アプローチが可能なファイナンシャル・ソフト、「ブランチ・セーリング」など革命的な商品を次々に開発している。多くの金融機関がクラウド・コンピューティングへの興味を示している現在、需要が伸びることは確実だ。


AcceptEmail(アセプト・Eメール)-米国

電話、タブレット、PC、SMSなどで顧客に支払通知や督促状を送り、1クリック決済が可能なソフトを提供している。手間のかかる「請求」と「支払い」のプロセスを簡潔化することで、売り手にも買い手にもアピール。


BioCatch(バイオ・キャッチ)-米国

消費者のネット動向を分析するサービスを提供し、銀行の不正防止対策に一役買っている。消費者のマウスの動かし方から、一瞬にして右ききか左ききかが判明するというから驚きだ。


Avoka(アボカ)-米国

消費者の要望に応えて、銀行の新規口座開設プロセスを簡潔化。シンプルかつ効率的なソフトを提供している。


Addepar(アドパー)-米国

投資家とアドバイザーが手軽にエクスポージャーにアクセスできるシステムを開発。従来は数日を要したプロセスの大幅短縮に成功した。


Zenbanx(ゼンバンクス)-カナダ

様々な通貨に対応可能なモバイル向け国内・国外の資金転送口座を提供。ダイレクト・バンキングの先駆けとなったカナダのINGダイレクト銀行の創立者、アルカージー・クールマンがCEOを務めている。 (ZUU online 編集部)

【関連記事】
・金融業界の新しいトレンド「FinTech(フィンテック)」関連銘柄10選
・「世界MBAランキング」国内1位 東大や京大、慶應ではなく新潟のあの大学
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・世界が認めた日本車!「最も価値の高い自動車ブランド ベスト10」頂点に輝いたのはあの日本ブランド?