コンビニ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

スリーエフ <7544> とローソン <2651> は27日、資本・業務提携することで基本合意したと発表した。今後は両社間で具体的な協議を進め、12月下旬の契約締結を目指す。

取得方法は未定だが、ローソンがスリーエフの発行済株式の最大5%程度を、既存株主から取得することを想定している。業務面では、両社のブランドは維持するとして上で、商品の共同開発や仕入れなどで協業できるか検討していく。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・株式投資家必見!情報収集に欠かせないTwitterアカウント10選
・経済効果は30兆円!東京オリンピックを最大限利用するための投資術とは?
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・たった1万円からトヨタやソフトバンクへの株式投資が可能!?ミニ株取引とは?
・「世界MBAランキング」国内1位 東大や京大、慶應ではなく新潟のあの大学