ノルウェー,世界繁栄指数
(写真=Thinkstock/Getty Images)

「世界繁栄指数」の2015年版が発表され、ノルウェーが7年連続で首位に選ばれた アジア圏からはシンガポールが17位、日本が19位、香港が20位とかろうじてトップ20に入った。隣国では韓国が28位、中国は52位などと寂しい結果だった。

この調査は ロンドンを拠点とするレガタム研究所が毎年発表しているもので、 142カ国を対象に、「経済」「起業家とチャンス」「ガバナンス」「教育」「健康」「安全」「個人の自由」「社会資本」という8つの主要項目に基づいて、各国の総合的な幸福度を評価するものだ。

ノルウェーは総合的にバランスがとれた生活スタイルが確立されており、2位のスイスは「ガバナンス」、3位のデンマークは「起業家とチャンス」という点でビジネス発展の可能性に恵まれているようだ。 ほかにもニュージーランドやカナダなど、大自然に恵まれていて生活ペースがゆっくりとした国が上位を占めている。

上位20位までに入った日本、香港、シンガポールだが、分野別でみると「個人の自由」が各国とも30位以下と低い結果。日本は「健康」こそ7位に入ったものの、あとは20位代か30位代と全体的に低め。 韓国は「経済」が17位と日本の25位を上回っったものの、「社会資本」が85位と恐ろしく低い結果となって足を引っ張ったようだ。また中国は「経済」で3位を獲得したが、「安全」が100位、「個人の自由」が120位だった。おり、今後それぞれの弱点を克服することで、さらなるランクアップが期待できるだろう。


トップ20とアジアの主要国ランキング

1位 ノルウェー
2位 スイス
3位 デンマーク
4位 ニュージーランド
5位 スウェーデン
6位 カナダ
7位 オーストラリア
8位 オランダ
9位 フィンランド
10位 アイルランド

11位 米国
12位 アイスランド
13位 ルクセンブルク
14位 ドイツ
15位 英国
16位 オーストリア
17位 シンガポール
18位 ベルギー
19位 日本
20位 香港

21位 台湾
28位 韓国
44位 マレーシア
48位 タイ
55位 ベトナム
59位 モンゴル
69位 インドネシア
52位 中国
74位 フィリピン
95位 ラオス
99位 インド
112位 カンボジア
(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・「暮らしやすい国ランキング」日本19位 韓国25位で「周囲が信頼できる」は4人に1人
・経済効果は30兆円!東京オリンピックを最大限利用するための投資術とは?
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・たった1万円からトヨタやソフトバンクへの株式投資が可能!?ミニ株取引とは?
・「世界MBAランキング」国内1位 東大や京大、慶應ではなく新潟のあの大学