日経平均
(写真=Thinkstock/Getty Images)

12月8日の東京株式市場で、日経平均株価は前日比205円55銭安の1万9492円60銭と反落した。

7〜9月期の国内総生産(GDP)改定値が速報値から上方修正されたことは好感されたものの、前日の米国株安の流れを受け、東京株式市場は自動車など大型株で売りが優勢の展開となった。中国・上海株式相場などアジア株が軟調だったことも重荷となった。 (ZUU online 編集部)

【関連記事】
・ゴールドマン2016年予測「米株価の上昇は一時的、日欧は思わぬ上昇もあり得る」
・投資家必見!IPO当選確率を上げる5つの方法
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・社会人注目!日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!その意外な方法とは
・なぜ今「投資漫画」なのか。『インベスターZ』著者が語る「お金」とは?