スタートアップ企業

(写真=Thinkstock/Getty Images)

最も熱いFinTech企業50社である「2015年最もイノベーティブなファイナンシャル・テクノロジー企業」が発表された。ゴールドマン・サックスなどの大御所は審査の対象から除外されているが、大手に買収された後も独立したかたちで活動を続けているスタートアップ企業は対象となっている。

ロボット・アドバイザーをいち早く採用したことで大ブレイクしたBettermentやWealthfront、ブロックチェーンのリーダー的存在、R3CEV、Ripple、Chain.com、オンライン決済の常識を覆したStripeなどが、今年世界中で話題をさらい、メディアへの露出度も最も高いスタートアップだろう。

この調査は 米フォーブス誌が行ったもので、米国で活動している300社のスタートアップの情報と150人のCEOとのインタビューをもとにまとめられた。

注目のスタートアップ AlphaSenseやKensho、Credit Karma……

元モルガン・スタンレーのアナリスト、ジャック・コッコ氏が設立したAlphaSenseは、資金調達額は1300万ドル(約15億7261万円)とライバルよりも控え目だが、JPモルガンやクレディ・スイスなど大物企業に、プロフェッショナル・インベストメント検索エンジンを提供している。

Credit Karmaはグーグルなどから3億6800万ドル(約445億7745万円)の支援を受けて、クレジット・スコアやモニタリングを100%無料で消費者に提供している。

ビッグデータとマシーン・ラーニング・テクノロジーを融合させることで、リアルなマーケットリサーチを提供しているKenshoは、ゴールドマン・サックス、グーグルなどから5800万ドル(約70億1626万円)を獲得。

100万人以上から利用されているモバイル・ファイナンシャル・プラニング・アプリを開発したLevel Moneyは、1月にキャピタル・ワンの傘下となったことで、さらに大きく飛躍することが期待できる。

ゴールドマン・サックス、JPモルガンなどが1億2600万ドル(約152億4222万円)を投じたMotifは、ETFのようなポートフォリオ(Motifs)を格安で販売しており、今後ディスカウント・ブローカーを脅かす存在に成長する可能性大だ。

ベスト・FinTechスタートアップ50 (アルファベット順)

1. Acorns (カリフォルニア)
2. Addepar(カリフォルニア)
3. Adyen(アムステルダム)
4. Affirm(サンフランシスコ)
5.Algomi(ロンドン)
6.AlphaSense(サンフランシスコ)
7.Avant(シカゴ)
8.Betterment(NY)
9.Braintree(サンフランシスコ)
10.C2FO(KS)

11.Chain.com(サンフランシスコ)
12.CircleUp(サンフランシスコ)
13.Credit Karma(サンフランシスコ)
14.Digit(サンフランシスコ)
15.Earnest(サンフランシスコ)
16.EquityZen(NY)
17.Estimize(NY)
18. Fundbox (サンフランシスコ)
19.Fundera (NY)
20. Fundrise(ワシントンDC)

21. HelloWallet(ワシントンDC)
22. IEX(NY)
23.Kensho(ケンブリッジ)
24.LearnVest(NY)
25.Level Money(サンフランシスコ)
26.Money.Net(NY)
27.Motif(カリフォルニア)
28.Nav(カリフォルニア)
29.Personal Capital(カリフォルニア)
30.Plaid(サンフランシスコ)

31. Premise Data(サンフランシスコ)
32. Prosper(サンフランシスコ)
33. Quantopian(ボストン)
34.R3CEV(NY)
35.Ripple(サンフランシスコ)
36. Riskalyze(アラバマ)
37.Robinhood(カリフォルニア)
38.Simple(オレゴン)
39.SoFi(サンフランシスコ)
40.Stripe(サンフランシスコ)

41.TransferWise(ロンドン)
42. TrueAccord(サンフランシスコ)
43.  TrueEx(NY)
44. Vouch(サンフランシスコ)
45.  Wealthfront(カリフォルニア)
46.  WorldRemit(ロンドン)
47. Xapo(カリフォルニア)
48.  Xignite(カリフォルニア)
49.  Zenefits(サンフランシスコ)
50.  ZestFinance(LA)    (ZUU online 編集部)

【関連記事】
2015年新用語「FinTech」「ユニコーン」がインベストペディアでトップ10入り

・投資家必見!IPO当選確率を上げる5つの方法

・パスポート「最強」ランキング アジア1位は日本?韓国?

・社会人注目!日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!その意外な方法とは

・国民年金保険料を滞納し続けるとどうなるのか?