特集「本を読む。」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 広告特集「M&A/事業承継」 専門家たちの金言 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
その他世界
Written by ZUU online編集部 425記事

日本の中小企業に注目

シンガポール大手銀「UOB」が東南アジアに対する日本からの投資促進を強化

(右=FDIアドバイザリー・ユニット部門長 サム・チョング氏)
(右=FDIアドバイザリー・ユニット部門長 サム・チョング氏)

シンガポールの地元三大銀行の内の一つ、UOB(United Overseas Bank)は5月30日、日本企業による東南アジアに対する投資の増加と事業展開のトレンドを受け、FDIアドバイザリー・ユニット(Foreign Direct Investment Advisory Unit)のサービスを拡大することを発表した。

同サービスは2011年に各国企業の東南アジア進出を支援する目的でシンガポール内に立ち上げられた。2015年末には日系企業の東南アジア進出のトレンドを背景に日系企業を支援する専属チームを新たに結成した。2016年第一四半期の日系企業の顧客からの預金流入額は、2015年通年における同顧客からの預金流入額の8割を超えている。

FDIアドバイザリー・ユニット部門長サム・チョング氏は、今回のサービス拡大について、「停滞する経済、コストの上昇、高齢化を背景とした日本市場の制約を受け、事業拡大を図る日系企業は東南アジアに目を向けている。過去数カ月の内に東南アジアに関心を持つ日系の中小企業が増加しており、東南アジアの国々も日系企業のイノベーションやリサーチ、開発の専門知識を求めてそのような企業の誘致に積極的だ」と述べた。FDIアドバイザリー・ユニットが支援する日系中小企業は、自動車、飲食、電子、専門サービス、IT業界が中心となっている。

UOBは今後、日系企業の支援促進のため、日本国内の提携先との協業を強化していく。同行は、金融庁より2015年に外国銀行代理銀行の認可を受けており、日本政策金融公庫や他の戦略的パートナーと共に日系の中小企業を対象に東南アジアの事業また投資の機会を探る支援をしている。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
スマホを3タップ、1000円から株を買えるアプリ スタバ、Amazon株に投資?(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
「平均480万円削減!」住宅ローン借り換えサービス 面倒な手続きはすべてお任せ(PR)
東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の……
金融パーソン「4つの分かれ道」 あなたはどの道を進むべきか?(PR)

シンガポール大手銀「UOB」が東南アジアに対する日本からの投資促進を強化
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV ドローンが「空の産業革命」と称される理由
NEXT ゴールドマン「ブロックチェーンで年6600億削減」 ロシア貯...