ガンホー,パズドラ,スマホゲーム
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ガンホー・オンライン・エンターテイメント <3765> という会社をご存じだろうか? 知らないとしても、スマホゲームの『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』を聞いたことがない人は少ないだろう。

ガンホーが配信したパズドラは空前の大ヒットとなった。スマホゲーム市場の存在感を高めるブロックバスター商品となり、株式市場でも投資家の注目を集めた。

今回は、そんなガンホーの歴史を振り返ってみよう。

ガンホーのIPO初値は公募価格の19倍

ガンホーは、1998年に米大手オークションサイトを運営するOnSale社とソフトバンクによる合弁会社「オンセール」として設立した。同社の初代社長に就任した孫泰蔵氏は、ソフトバンクの孫正義社長の弟でもある。

オンセールのオークション部門は「ヤフオク!」の牙城を崩すに至らず2002年に撤退、社名をガンホー・オンライン・エンターテイメントに変更する。同時に韓国のゲーム会社グラビティ社より『ラグナロクオンライン』の国内運営権を獲得し、オンラインゲーム運営事業へと転換する。

ガンホーの業績は、多人数同時参加型オンラインRPG『ラグナロク』のヒットで2004年には売上42億円、営業利益5億円に成長し、2005年3月9日には大証ヘラクレス市場(現在のJASDAQ)への上場を果たす。

ガンホーのIPOは多くの投資家に注目された。公募価格120万円に対し、初値は420万円で3.5倍。4月20日には2275万円の高値をつけ公募価格からは19.0倍、初値に比べても5.4倍という人気ぶりだった。

しかし、その熱狂的な人気も次第に冷めることとなる。同社の収益がラグナロクという「一つのゲーム」に依存していることがリスクと見られたほか、コンプガチャと呼ばれる課金システムがゲーム業界として問題視されたことが理由と見られる。株価も2012年5月15日には142万7000円(2005年に1株を5株に分割しており、上場時の1株換算で実質713万5000円)の安値をつけている。

ガンホーをIPO時に1株買っていれば「8650万円」に

ガンホーの業績が拡大し、株価がさらに買われるきっかけとなったのは2012年2月にリリースされた『パスドラ』である。

『パスドラ』はモンスターでパーティを編成しダンジョンへ潜入、パズルドロップを消す事で敵モンスターを攻撃しダンジョンをクリアするパズルRPGだ。ゲームは無料配信だが、戦闘に必要な魔法石などがアイテム課金となっている。

パズドラのメガヒットでガンホーの売上は2011年の96億円から、2012年には2.7倍の258億円、2013年にはさらに6.3倍の1630億円に急成長した。本業の利益を表す営業利益も2011年の11億円から、2012年には7.9倍の92億円、2013年には9.8倍の912億円と急増する。

『パスドラ』の登場で株価は2012年5月の安値から反発。業績の伸びとともに2013年5月14日には上場来最高値の163万3000円を記録する。ちなみに、この高値は後述する株式分割を踏まえると、上場時の1株換算で実質8165万円となる計算だ。

この時点でガンホーの時価総額はなんと1.5兆円に達し、一時は任天堂を抜き、時価総額で日本最大のゲーム会社になった。